ルテインサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどのサプリメント

投稿日:

ルテインサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどのサプリメント

《目次》

ルテインとは、目の健康に効果のある栄養成分

ルテインとはカルチノイドの一種です。マリーゴールドの色素としても知られています。

一般的にな食材で言えば、

  • ケ―ルホウレン草ブロッコリーなどの緑黄色野菜
  • ブルーベリーラズベリーなどの果物

などに多く含まれています。

 

ルテインの体内での働き

ルテインの成分は、目の網膜の保護と治癒に効果が認められています。
主な働きとして、人間の眼球に有害な光とされる紫外線や青色の光から目を守ることがあります。

また強い抗酸化作用で、加齢黄班変性症などの目の病気や、視力低下、眼精疲労などを予防することができます。
さらに抗炎症作用もあるため、トラブルが起きてしまった場合にも症状を和らげる効果が認められています。

CHECK!

ルテインは外部から補う必要がある

そもそもルテインは人間の体内にあるものです。しかし体内で新たに合成することができず、加齢とともに減少してしまいます。
テレビやパソコンなど日常の中に目に良くないといわれる光があふれている現代では、ルテインを外部から摂取して補うことが必要になります。

ルテインの摂取量の目安

ルテインの摂取量の目安は、予防目的なら1日に6mg~12mgといわれています。
これはケ―ルでは約27gホウレンソウでは約60gで摂取可能な量です。
しかし野菜それぞれの栄養価が一定でないことや、調理によって失われることもあるので、安定して摂るためには充分な配慮が求められます。

また、すでにトラブルがあって摂取する場合には、1日20mg程度が必要といわれています。
かといって自己判断せず、医師と相談しながら摂り入れることが肝心です
安定して摂取するためにサプリなどを利用する時は、成分や配合量、製法などを見きわめて、効果の確かな自分にあったものを探すことが大切です。

ルテインはどんな効果が期待できるの?!

ルテインは、目に良い成分として認知度が上がってきていますが、実際どのような効果あるのか知らないという人が多いです。
こちらでは、ルテインの効果や成分、働きやアントシアニンとの相乗効果についてご紹介します。

ルテインはこんな目の症状に効果的な成分

ルテインはこんな目の症状に効果的な成分

ルテインは元々眼球の水晶体と黄斑部に存在する成分です。

若いうちは、目にルテインがたくさんあるため、様々なトラブルから目を守ってくれますが、加齢や目の酷使によって、ルテインが減少し、目のトラブルが起こりやすくなります。

ルテインは本来、抗酸化作用が強い為、目に入ってくるパソコンやスマホなどの有害な光を遮断、吸収する働きがあります。このため、ルテインは天然のサングラスと呼ばれる事もあるのです。

ルテインは、眼精疲労などの症状を予防する他、白内障や老眼などの原因である有害な光を遮断してくれます。目の健康を気遣う人は、若い頃からサプリメントなどで補っているのです。

ルテインは、ビルベリーやブルーベリーに多く含まれますが、なかなか食事で補えないので、サプリを利用すると効率的に摂取できます。いつまでも健康で健やかな視界を確保する為に、目を使う人こそルテインを摂取してください。

眼病改善にもルテインが良いって本当?

眼病改善にもルテインが良いって本当?

ルテインが目に良いと聞くけど、本当に効果があるの?と思っている方がいるのではないでしょうか?

ルテインは、眼精疲労などの症状に良い効果があるだけではなく、眼病改善眼病予防にも効果的な成分です。

加齢による目に症状にもルテインがいい?

人は加齢によって眼病になるリスクも高まります。

加齢による眼病には、老眼や緑内障などがありますが、老眼の場合、高齢になるとほとんどの人がなるとも言われているのです。
ビルベリーやブルーベリーなどが原料のルテインサプリを飲むと、老眼や緑内障などにも効果的だと言う口コミも見られます。

ルテインサプリには、ルテインの容量もmgで表示されています。商品を比較して、容量が多い物を飲むと、効能も出やすいでしょう。
ルテインの他にも、目に良い成分である成分が入っているサプリならば、相乗効果で更に眼病予防効果が期待できます。

現在ではルテインの効果が広く認められ、様々な健康食品やサプリメントに配合されたものが販売されています。
ルテインは、眼病改善や予防にも効果的だと考えて間違いないでしょう。

ルテインとアントシアニンの相乗効果

ルテインとアントシアニンの相乗効果

ルテインが多く含まれるサプリメントには次のような成分が配合されています。

  • アントシアニン
  • アスタキサンチン
  • EPA
  • ビタミン
  • ゼアキサンチン
  • エステル

この中でも特にアントシアニンは、ルテインとセットになってサプリメントに入っていることが多いです。
どちらも、ビルベリーやブルーベリーなどに含まれる成分で、目の網膜に働きかけたり、目に有害な光を遮断したりする効果があります。

ルテインは抗酸化作用が高いですが、アスタキサンチンなども抗酸化作用が高く、Wパワーで相乗効果が期待できるのです。

他の成分も血流を良くしたり、アンチエイジング効果が期待できます。
目の老化を抑制し、眼病予防にも良いと言われるものがサプリに配合されています。

ビルベリーやブルーベリーを毎日何十個も食べるのは大変ですから、サプリメントでルテインだけではなく、他の成分も摂取しましょう。

CHECK!

日頃から目を疲れさせない様にすることが大切

またルテインサプリだけに頼るのではなく、目を酷使するスマホやパソコンなどを少し控える事もおすすめします。
せっかくルテインやアントシアニンを摂取しても、目の酷使を続けたら目は疲れてしまいます。
目をしっかり回復させ健康にさせるためにも、ルテインサプリだけではなく目の酷使は控え、目の周辺を温めたりマッサージしたりして労わってください。

 

緑内障予防に効果的なルテインサプリ

緑内障予防に効果的なルテインサプリ

緑内障とは視野が狭くなる目の病気です。この病気を発症する原因は様々です。

  • 外部からの衝撃などで眼圧が高くなる場合
  • 遺伝による場合
  • 眼精疲労やストレス

などによって引き起こされる場合もあります。
そして自覚症状がほとんどないまま進行するため、定期的な眼科検診がお勧めです。そして予防に効果的なのがルテインの摂取です。
ルテインは抗酸化作用のあるカロテノイドの一種で、瞳に多く存在します。

ルテインがもたらす二つの作用

01.抗酸化作用

人の目は紫外線やパソコンのブルーライトなど様々な光を浴びています。
それらの光は目にダメージを与え、目の老化を促進します。それを防ぐのが抗酸化作用のあるルテインです。

02.紫外線を吸収

また、ルテインにはそのような有害な光を遮断する働きもあります
つまりルテインにはダメージを与える光を遮断すると共に、目の老化防止という二つの作用があるのです。

緑内障予防するならルテインサプリ

このように目を守るという点で緑内障予防に効果的です。そのような効果的な栄養素を簡単に摂取できるのがルテインサプリです。

ルテインの不足は緑内障以外にも、白内障加齢黄斑変性症という目の疾患を引き起こす可能性があります。
定期的な眼科検診を受けると共に自分でできる予防策として目に効果的なルテインサプリの摂取をお勧めします。

疲れ目を改善する効果を持つルテインサプリ

疲れ目を改善する効果を持つルテインサプリ

ルテインサプリは、目に効くサプリメントとして人々の注目を集めるようになっています。近年、ドライアイ疲れ目、さらには飛蚊症など、目に関する疾患を患っている方は決して少なくないでしょう。

そんな方々にとって、是非とも上手に活用したいものの一つが、このルテインサプリというわけです。

ルテイン不足で起こる目のトラブル

ルテインは果物野菜、また海藻などに含まれている色素の一種で、目にとって大事な成分です
実際に、ルテインが不足してしまうと、疲れ目やドライアイ、さらには眼精疲労といった症状があらわれやすいと言われています。

また、飛蚊症と呼ばれる疾患を患うこともあります。
飛蚊症とはその名が示す通り、蚊のような小さいものが視界に映る症状のことで、いくら目をこすったりしても消えることはありません。これは、老化も一つの原因であると言われています。

不足分はルテインサプリで補うのがおすすめ

ルテインの不足によって引き起こされる目の疾患を防いだり、症状の改善や緩和を促したりする効果を持つのがルテインサプリなのです。
基本的に、ルテインという物質は体内で作られることはありません。
そのため加齢に伴って不足気味になってくるものです。
ルテインサプリを毎日意識的に摂取することによって、不足しがちな分をしっかり補うように努めたいものです。

 

ルテインサプリとブルーベリーサプリの違い

ルテインサプリとブルーベリーサプリの違い

ルテインサプリは目の働きを改善し、保護する役割を持つ健康食品として広く普及しています。ブルーベリーやビルベリーに含まれているアントシアニンと同じ抗酸化作用が認められることでも有名です。

アントシアニンの特徴

一般的にブルーベリーなどへ豊富に含まれるアントシアニンは、目に入ってきた光を脳へ伝える際に必要となるロドプシンの再合成を促進します。
そのため、視力の低下を防いだり目の疲れを改善する効果が期待されます

アントシアニンの詳細は『アントシアニンサプリを徹底比較』が参考になります!

アントシアニン
アントシアニンサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどのサプリ
アントシアニンサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどのサプリ

《目次》アントシアニンとは抗酸化作用の効果がある成分です現代人にアントシアニンが必要な理由アントシアニンを含む食品と期待できる効果目に様々な効果を与えるアントシアニンサプリアントシアニンとロドプシンの ...

ルテインの特徴

一方でルテインは体内で生成できない成分といわれており、外部から入り込む有害な光を吸収・遮断する役割を持ちます。
そのため、紫外線やブルーライトに対して強い影響を受ける状況であるほど効果を発揮しやすい成分という点で大きな違いが生じます。

ルテインサプリとブルーベリーサプリの摂取が理想

ルテインサプリとブルーベリーサプリの成分はどちらも一長一短の特性を持ちます。

しかしデスクワークの時間が比較的長い現代社会においては、人工的に作られる青い光の影響を受けることが多いのが現状です。
そこで、ルテインサプリを摂取すると水晶体や黄斑部へのダメージを減らせるため、老眼の発症を遅らせたり眼病の予防として有効といえます。

また、ルテインとアントシアニンを両方含んだ製品も流通していることから、日常的に電子機器の画面を見続ける場合であればおすすめのサプリメントとなります。

ルテインサプリの代表であるブルーベリーサプリと他のサプリを比較してみた

ルテインサプリの代表であるブルーベリーサプリと他のサプリを比較してみた

ルテインサプリメントを比較してみました。

視力に自信が持てなくなってきた時に、まずはブルーベリーのサプリメントを購入してみることに。

ブルーベリーサプリを使用した結果

ブルーベリーは視力に良いと言われているアントシアニンが入っている果物ですが、毎日食べるというのはしんどいので、サプリメントを3ヶ月分購入しました。夜寝るまえにサプリメントを飲んで1ヶ月で、眼精疲労による軽い頭痛は気にならなくなったのが大きな収穫です。

また、サプリメントを飲む前は、眼精疲労がひどく目薬を毎晩使用していたのですが、目薬をつける回数も少し減ったような気がします。

ブルーベリーの詳細は『ブルーベリーサプリを徹底比較』が参考になります!

ブルーベリー
ブルーベリーサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどのサプリ
ブルーベリーサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどのサプリ

《目次》栄養成分たっぷりのブルーベリーとはブルーベリーを効果的に摂り入れる方法ブルーベリーサプリは科学的に効果なし?ルテインは効果ありなのブルーベリーサプリは効果なし!?ルテインの効果ありはお墨付き! ...

ビルベリーのサプリを使用した結果

ビルベリーのサプリメントは、ブルーベリーのサプリメントの後に飲んでみました。
こちらは2ヶ月間毎日取ったところ、肩こりが良くなり始めました。肩こりに効くとは思っていなかったので、なんだか得した気分です。

ビルベリーの詳細は『ビルベリーサプリを徹底比較』が参考になります!

ブルーベリー
ビルベリーの効果を徹底比較!本当に眼精疲労に効果があるの?
ビルベリーの効果を徹底比較!本当に眼精疲労に効果があるの?

《目次》ビルベリーとはどんな成分が含まれているのか?その効果は?ビルベリーとブルーベリーの違いとは?アントシアニンの含有量の違いと期待できる効果ビルベリーと他の果実のアントシアニン含有量の違いとはビル ...

両者を比較してみた結果

ブルーベリーとビルベリーの成分を比較すると、ビルベリーサプリの方がブルーベリーサプリよりアントシアニンの量が多いようです。
しかし、実体験として視力や眼精疲労に関しては、さほど差がないように感じましたが、肩こりが改善されたのは、ビルベリーサプリの方でした。

サプリを利用する際は、成分の含有量の差をよくチェックすることも大切ですが、実際に利用して効き方を比べるのがおすすめです

 

タイミングが大事、ルテインサプリの効果的な飲み方

タイミングが大事、ルテインサプリの効果的な飲み方

ルテインサプリを服用するなら幾つかポイントを抑えておきましょう。
せっかく目の健康のために摂取するのですから、効果をより発揮するための知識は合ったほうが良いですよね。

ルテインサプリを服用するなら食後が理想

ルテインサプリはそれだけでも効果の高いサプリなのですが、最も効果的な飲み方とするには、必ず食後に服用することが重要となります。
なぜなら、サプリの有効成分であるルテインは水に溶けにくく油に溶けやすいという脂溶性の成分だからです。

つまり、空腹時に水で飲んでも体の中に溶け込まず、そのまま排出されてしまいやすいのです。
しかし、食後であれば逆に食事の油分と一緒に溶けて吸収率が高くなるというわけです。。

服用する時間帯は自分の身体と相談

またもう一つのタイミングとして考えなければいけないのが、どの食事の後に飲むのかということです。
食事は基本的には1日3食とることとなりますが、このうちどのタイミングでサプリを服用するのが効果的となるのでしょう。

その答えはどのような効果を期待しているのかによって変わってきます。
例えば、一日のうちに夜に目の疲労を強く感じるようになるという場合は朝食後。逆に朝、目が覚めた時に目の疲労を感じるという場合には、夕食後がおすすめとなります。

ルテインサプリがしっかりと吸収されて効果を発揮するには、多少のタイムラグが生じますので、効果を得たい時間帯よりも前に服用することがポイントなのです

ルテインサプリを何倍も効果的にする方法!

ルテインサプリは、強力な抗酸化作用があることで有名で、サングラス成分とも言われるほど、目を保護する働きが強いです。
今回は、副作用も少なく目に良い成分として有名なルテインのサプリメントをご紹介します。

ルテインサプリの成分と生活改善について

ルテインサプリの成分と生活改善について

ルテインは、ビルベリーやブルーベリー等に多く含まれ、アントシアニンやアスタキサンチン、ゼアキサンチン、EPAなどとサプリに配合される事もあります。

ルテインサプリを飲まれるならば、次のような生活改善を心掛けましょう。目の疲労や眼病になる生活習慣には次のようなものがあります。

  • スマホを長時間使う
  • パソコンを長時間使う
  • 睡眠をしっかりとらない
  • 飲酒喫煙が多い
  • 運動をしない
  • 野菜をあまり食べない
  • デスクワークが多い

視力低下や老眼などが気になる方は、ルテインサプリだけではなく、思い当たる生活習慣があるなら改善が必要です。
私たちは日頃から生活習慣が乱れていたり、目に負担がかかったりするようなことを長時間行ってしまいます。

ルテインサプリをせっかく飲んでも、効果が期待できないという事もあります。ルテインサプリを飲むのを機会に生活全般の改善で健康的な目を心がけましょう。

血流改善とルテインサプリが効果的な理由

血流改善とルテインサプリが効果的な理由

ルテインサプリを飲むならば血流改善も行うと良いと言われていますが、どうしてでしょうか?

ルテインサプリに含まれるルテインは、抗酸化作用がとても強いだけではなく、眼病予防や炎症抑制にも効果的です。

つまり、トラブルが起きてしまった目を健康にするだけではなく、予防効果も期待できます。

また、ルテインサプリを飲むのと同時に血流改善を行うと、更に相乗効果が期待できるのです。血流改善には次のような方法がありますので試してみましょう。

  • ぬるめのお風呂にゆっくり入る
  • 岩盤浴
  • よもぎ風呂
  • ヨガやストレッチ運動
  • ウォーキング
  • 野菜中心の食事を摂る

ルテインサプリだけに頼らずこれらの血流改善を行う事で、血行が良くなり、疲労物質がデトックスされやすい状態になります。

目の疲れが取れ、目が元気になることによってルテインサプリの働きも更に向上するのです。このようなWの働きで様々な目の症状を緩和し、予防効果も高めます。

ルテインサプリを飲むならこんな食事がおすすめ!

ルテインサプリを飲むならこんな食事がおすすめ!

ルテインサプリを飲む人の中には、生活改善も食事の改善もせずにサプリだけ飲んで『効果がでない』という人もいます。

目に悪い生活習慣だけではなく、食事も根本的に改善しないと目の症状が治まらないという事もよくあります。

そこでおすすめなのが食事の改善です。
ルテインサプリには、○mgで配合されている栄養成分が表示されています。

これらの成分は、サプリで補うのが効率的ではありますが、食事でもある程度、摂取する事ができるのです。

01.ルテインが多く含まれる食品

ルテインが多く含まれる食品

まず、ルテインが多く含まれる食品には、

  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • インゲン

などがあります。

02.アントシアニンが多く含まれる食品

アントシアニンが多く含まれる食品

ルテインと共にルテインサプリに配合されていることが多いアントシアニンは、

  • ビルベリー
  • ブルーベリー
  • ナス
  • 紫玉ねぎ
  • シソの葉
  • 紫イモ

にも多く含まれているのです。

03.ゼアキサンチンが多く含まれる食品

ゼアキサンチンが多く含まれる食品

他にもゼアキサンチンという成分は、

  • パプリカ
  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • トウモロコシ
  • パパイヤ
  • マンゴー

などにも多い成分となります。

このような成分が高濃度で入っている食事を摂ることにより、目の健康に良いだけではなくルテインサプリとの相乗効果も期待できるのです。
ルテインサプリを選ぶ際は成分量も重要ですが、価格口コミ評判などを比較してから購入すると良いです。
良いルテインサプリを選んで食事の改善もすれば、早い段階で視力回復や眼精疲労対策になることも多いでしょう。

 

ルテインを多く含む食べ物で目の健康を保とう!

ルテインを多く含む食べ物で目の健康を保とう!

私たちが物を見るうえで欠かせない大事な成分の一つが、ルテインと呼ばれるものです。
目の網膜の黄斑部に存在している色素であるルテインですが、実は胎児にはこの色素が存在していないと言われています。
つまり、誕生後に母乳や食事を通して摂取して初めて蓄積されていくというわけです。

仮に、ルテインが不足してしまうと、黄斑変性症と呼ばれる目の疾患を引き起こすことがあります。加えて、ルテインは年齢を重ねるにつれて減少していく傾向にあるため、積極的に摂取することが勧められています。

ルテインを多く含む食材は

では、ルテインを多く含む食べ物とはいったい何でしょうか。

01.ケール

ケール

一般に、ルテインをもっとも多く含む食べ物はケールであると言われています。
ケールと聞くと、青汁を真っ先に思い浮かべる方も少なくないことでしょう。実際に、ケールをそのまま食べるとかなりの苦味があるため、一般には青汁などの飲み物の原料として使用されることが多いようです。
もちろんケールをそのままの形で食べるのも効果的ですが、そのままでは無理だという方であれば、ケールを原料として作られた青汁を飲むようにするのもよいでしょう。

02.ほうれん草

ほうれん草

次いでほうれん草にも豊富に含まれています。
ほうれん草はもう少し一般的な食べ物であるため、日ごろの食生活に取り入れるのが比較的容易でしょう。
生でも加熱しても、比較的多くのルテインを摂取できるようになっています。
特に、油と一緒に摂取すると、体への吸収率をより高めることができると言われています。

03.卵

卵

これらケールやほうれん草に加えて、もう一つ、ルテインを多く含む食べ物があります。
それは卵黄です。吸収率も高いため、食事のメニューに、卵も上手に取り入れるようにしたいものです。

ブルーベリーとルテインの効果に違いはあるの?摂取量と副作用はある?

ブルーベリーとルテインの効果に違いはあるの?摂取量と副作用はある?

目に良い成分として有名なブルーベリーとルテインですが、両者に違いはあるのでしょうか。実はブルーベリーとルテインでは効果と働きに違いがあるんです。

ブルーベリーの働き

ブルーベリーは低下した目の機能を回復する働きがあります。これはブルーベリーに含まれるアントシアニンの効果です。アントシアニンには目の機能を回復する働きだけでなく、高い抗酸化作用があります。

さらに詳しく説明すると、アントシアニンは網膜に含まれるロドプシンの再合成を助けてくれます。
目を使っていると体内のロドプシンは徐々に減っていきます。
ロドプシンが減ると目の機能が低下し、モノが見えづらくなったり疲れ目の原因となったりします。

ロドプシンは通常は体内で再合成されますが、目を酷使するとロドプシンの再合成が追いつかなくなることがあります。
アントシアニンを食品または補助食品(サプリメント)から摂取することにより、足りなくなったロドプシンを補うことができます。

ルテインの働き

一方、ルテインは紫外線やブルーライトなどの有害な光のダメージから眼を守る効果があります。
これはルテインに含まれる抗酸化作用によるものです。

パソコンやスマートホンなど日常的にブルーライトにさらされている現代人にとっては、ブルーベリーのアントシアニンとルテインはどちらも必須の成分といえるでしょう。
最近ではブルベリーエキスとルテインを組み合わせた製品も多く出回っています。

アントシアニンの1日の摂取目安量は?

アントシアニンの1日の摂取目安量は?

アントシアニンの摂取量の目安は、一日あたり40mg以上です。アントシアニンを生のブルーベリーで摂取しようとすると、60g~300g食べなければなりません。

しかしこれだけの量のブルーベリーを毎日、食べることはなかなか難しいでしょう。
サプリメントの場合は、メーカーやブルーベリーの品種によって若干の差がありますが、40~90mg程度といわれています。

CHECK!

アントシアニン摂取時の注意点

大量に摂取したからといって急激に目が良くなるわけではありませんので、使用上の注意を良く読み適量を守りましょう。
これまでのところ、ブルーベリーの副作用は報告されていません。
しかしサプリメントの自体の副作用はまだよくわかっていないため、妊婦や授乳中のお母さんは服用を避けたようがよいとされています。

効果とコストを考慮したルテインサプリおすすめランキング

※こちらは2018年11月の最新情報です。

めなり(さくらの森)

今までにない高品質&続けやすい理想のサプリが【めなり】です!
●【めなり】の高品質成分
「ビルベリー」 「ルティン」 「ゼアキサンチン」 ※全て業界トップクラス配合!
驚きの凄い新素材「クロセチン」 還元力の王様「アスタキサンチン」も高配合!
●【めなり】の圧倒的なコストパフォーマンス
1日たったの33円から始められます!

くっきりルテイン(リフレ)

【リフレ】くっきりルテイン

リフレ『くっきりルテイン』は、2つの機能性を持つW機能性表示食品!!
黄斑色素を増やし光刺激から守る!
目のコントラスト感度の改善!
≪くっきりルテインは、こんな方にオススメ!≫
・今までのブルーベリーサプリだけでは満足できなかった方
・パソコンやスマートフォンを良く使う方
・目のぼやけ、かすみが気になる方

えんきん(ファンケル)

えんきん(ファンケル)

目のサプリメントで日本初の《機能性表示食品》【えんきん(ファンケル)】
スマホ・パソコンで1日中がんばる目をサポート!!
●臨床試験1⇒ピント調節力が4週間で改善した!
●臨床試験2⇒目の酷使による肩・首筋が4週間で改善した!
●続けやすい価格 ⇒1日あたり72円!(通常商品時なので初回限定はもっとお得!)

北の国から届いたブルーベリー(やわた)

累計700万袋突破!TVでも大人気の八幡物産の「北の国から届いたブルーベリー」
アントシアニン含有量3倍以上の野生種ビルベリーを使用!
1粒にビルベリーエキス200mg配合し1日に120mg~250mgがたった一粒で取れる!
他にもルテインカシスエキスコエンザイムQ10EPADHAも配合されています!
自信のある【全額返金保証付き】なので安心して試すことができます♪

-

Copyright© ハッピーロングライフ|幸せな生活&健康な生活に必要なこと , 2018 All Rights Reserved.