マンション売却の確定申告で必要な添付書類とまとめ

マンションを売却する際には確定申告が必要になるので、
確定申告においてはどのような書類が必要になってくるのかということもチェックしておく必要がありますが、
確定申告ができる期間というのは短いので早めに必要な書類は集めておくようにしましょう。

 

税務署で手に入れることができる書類については確定申告用紙分離課税用の確定申告書
後は譲渡所得の内訳書などが必要な書類で、
いずれも税務署に足を運ぶことで入手が可能でホームページなどからもダウンロードができます。

 

また、マンションの売却においてかかる譲渡所得に対しての確定申告をするわけなので
マンションの売買が実際に行なわれたかどうかということを確認する必要があり、
これについては法務局で入手できる全部事項証明書が必要です。

 

この書類についても法務局のホームページから書類を入手することができるようになっているので
忙しくてなかなか書類を入手する時間がないという場合は事前にインターネットから入手しておくとよいでしょう。

 

ちなみにマンション売却で譲渡損が出た場合は確定申告をすることによっても税金の還付を受けることができることもあり、
この場合は必ず源泉徴収票についても勤務先に請求しておきましょう。
他にもマンションを購入した時の書類などさまざまな書類が必要になってくるので、
確定申告の時に手間をかけないようにするためにもマンション売却の確定申告の前には一覧表などを作っておくようにしましょう。

 

 

確定申告のまとめ

マンション売却

 

マンション売却における確定申告は売却をして収益が出た場合だけでなく
損失が出た場合も必ず申告することが大切で、
税金の支払いだけでなく還付を受けることができることもあります。

 

自営業として働いている人であれば自分で毎年確定申告をしている人も多いので
不動産売却で入った収益に対しての確定申告においても割とスムーズに進むことが多くなっていますが、
反対に雇われている人だと機会が少ないことから戸惑うことも少なくありません。

 

マンション売却をする場合の確定申告の流れなどは事前にしっかり把握しておく必要があり、
マンション売買に関するトラブルなども多く発生しているので、
トラブルにならないようにするためにも注意が必要になります。

 

また、マンション売却における確定申告で少しでも節税をするためには
どれだけ経費を計上することができるかにもかかってくる部分があり、
特に特別控除を受けても課税対象になっている場合は税金の支払いも多くなります。

 

最近はインターネットを利用することでもマンション売却に関する情報を収集することが可能になっているので、
空いた時間を使ってインターネットで収集することができることは早いうちから収集しておくとよいでしょう。

 

また、不動産業者を介して取引をする場合は業者の方からも
確定申告に関するアドバイスなどを受けることができることもあるので、
マンション売却の段階から早めに相談しておくとよいかもしれません。

このページの先頭へ戻る