マンション売却でかかる相続税は、どのような時に課税されるのか

マンション売却

 

マンションを売却するケースとしてあるのは買い替えなど個人が所有するマンションを手放すことを目的とすることが多くなっていますが、
取引においては相続税などがかかってくることもあるので事前に必要となる税金についても調べておく必要があります。

 

相続税がかかってくる場合の事例として多いのは親からマンションを譲り受ける場合で、
それから売却をするのはもちろん自由ですが、親から相続をする場合に相続税がかかってくるので、
これも考慮した上で売却を検討していく必要があります。

 

ちなみに相続する財産が1億を超えてくる場合に課税率は40%を超える高い税金になりますが、
多くの人はマンションの相続をして売却をする場合にこれだけの税金を支払うことなく売却をできる場合がほとんどです。

 

これは相続税の基礎控除が適用されることも理由となっており、
基礎控除においては5000万円に相続人の数に1000万円を乗じた金額が非課税になるため、
5000万円を超えてこない取引については税金が発生しない仕組みになっています。

 

マンションであれば高級マンションを除いて非課税の中での取引になることが多いので
あまり相続に関する税金については考える必要がありません。

 

どれくらいの税金が発生するかどうかという点については取引を検討している不動産業者にも
詳細な説明をしてもらうことができる場合が多いので、
まずは説明を受けてから相続税に対しての対策を検討していくことをおすすめします。

このページの先頭へ戻る