マンション売却で抑えておきたい税金、譲渡所得とは

マンション売却

 

所有しているマンションの売却をする際に利益が発生した場合は
所得税住民税などの税金が発生することになり、
これは利益が譲渡所得という区分になって税金が課税されるという仕組みになっています。

 

要するにマンションの売却をして売ることができた場合に
手元に入ってくるお金については課税対象になるという意味で、
実際に個人が確定申告をしようとする場合に
不動産などの売買における確定申告のコーナーについても用意されています。

 

きちんとマンション売却における課税の仕組みを理解して対策をしないと
後から高額な税金の支払いを請求されることになるので注意する必要があり、
個人と法人でも対策の方法は異なってくるので専門家などを介した方が良いケースもあります。

 

基本的に売却を検討している不動産がマイホームの場合だと
税金についてはさまざまな優遇措置を受けることができるようになっているので
実際に支払いが必要になる税金についてはほとんどありません。

 

一方で、投資などを目的として運用する場合や事業目的などで所有する場合だと
税金の特別控除を受けることが難しくなるので
高額な税金の支払いが必要になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

さらに不動産売却においてかかってくる税金においては期間次第という部分もあり、
長期譲渡所得短期譲渡所得でも課税率は異なり、
5年を超えてくる長期譲渡所得の方が課税率は下がるので長年の所有の方が税金はお得です。

このページの先頭へ戻る