マンション売却時の税金は、税理士や司法書士に相談して節税対策を!

マンション売却

 

マンションの売却にはさまざまな税金が発生することになるので、
事前にどれくらいの税金がかかってくるのかという点についてもきちんと把握しておく必要がありますが、
不動産取引になると動くお金の金額もかなり大きくなるので売り方一つでもかなり損得が変わることになります。

 

マンションの取引で少しでも税金をお得にしたいのであれば税理士などの税金の専門家に相談して
場合によっては仲介してもらって節税対策をしてもらうという方法もあり、
もともと高額な不動産の取引になるので節税対策をしたことで浮いたお金で税理士に報酬を払っても十分にもとは取ることができます。

 

また、相続税などの相談の場合だと司法書士に相談するという方法もありますが、
司法書士であれば登記などの手続きなども請け負ってもらうことができるので、
一つのところで手続きを任せたいという場合は司法書士に相談してみるというのも有効な方法の一つとしてあります。

 

最近はインターネットを利用することでも便利に不動産取引における税金に関する情報を収集することができるようになっていますが、
不動産取引で失敗しないようにするためにも事前にどのようなコストがかかるのかということも把握しておくようにしましょう。

 

個人がマンションの売却をする際にかかってくる税金などは少ないのですが、
法人としての売却になってくると手数料が増えてくることになるので売る状態によっても変わってくるということを意識しておく必要があります。

このページの先頭へ戻る