マンションを売ることが決まったら次のステップへ

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

所有しているマンションを売る場合の目的として引越しなどがあります。

 

新しく他のマンションを買うという理由から売ることもあれば、賃貸アパートなどに移り住む、マイホームを建てるケースなどもあります。

 

どのような理由であれマンションを売ることが決まった時点から次のステップに移行することが大切です。

マンションを売ることに焦って損をする可能性も・・

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

取引が決まったという体で次の段階の準備をしていると、もし取引先が現れなかった場合に焦りの気持ちが出てしまいます。

 

そうすると本来ならもっと高値での売却ができるのに焦りから大幅な値下げをしてしまって損をする可能性も十分にあります。

 

特に仲介媒介契約や専任媒介契約などを不動産業者と結んで売却を進めている場合は時間に余裕を持たせたいところです。しかし、不動産はマンションに限らず高額なものなので買い手がなかなか現れないのは普通です。

 

引越しの時期があらかじめ決まっている場合は致し方ない部分もあります。
しかし、自分である程度は引越しの時期を決めることができる場合は、
早めにマンションを売る準備を始めて買い手が見つかるように準備をしましょう。

マンション売却は個人取引という手段もある

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

また、最近だと個人的な売却もインターネットという便利な仕組みを利用することで可能になっています。
個人取引においては自分で価格設定をすることができるようになっているメリットがあります。

 

一方で、販売促進をしっかりしないとすぐに買い手が見つからないため余分に時間がかかってしまう可能性も否めません。その点には注意する必要があります。

 

マンション売却した際の買い手の引っ越し時期

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

マンションを高く売るコツにはいろいろあります。

 

直接売却はもっとも高く売ることができない取引方法になるので、すぐに売却が必要であるというシーンを除いてはできるだけ仲介媒介契約や個人売却などを軸に取引を考えていくことをおすすめします。

 

また、マンションを高く売るためには買い手の状況を把握することも大切です。

 

引越し時期で取引方法を変える

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

マンションを買うということは新しい住家を探しているということでもあります。
当然ながら交渉が無事に進んで契約に辿りついた後は、買い手が引っ越しの準備を始めることになります。

 

引っ越しを検討していて不動産を探している人の中には早期の引っ越しが余儀なくされている人もいるかもしれません。

 

引っ越し時期が先に決まっている場合

引っ越しの時期が先に決まっている場合はどうしても不動産を見つけることに焦りを感じています。
そのため、妥協した不動産選びになってしまうことも少なくありません。

 

言い換えれば売り手はそのような人を対象に売却すると値下げ交渉されることなく、自分が設定した売価で売りやすいということになります。
交渉が少々難航しても許容範囲の値下げをすることによってすぐに契約という形になりやすくなります。

 

引っ越し時期が決まってない場合

一方で、引っ越し時期が決まってない時間に余裕がある人が相手になってくると複数の不動産を比較して考える時間が十分にあります。
よって、現在の条件よりもさらに良くしないとなかなか売れない可能性があります。

 

相手によって柔軟に取引方法を変えていくというのもコツになります。

マンションを売りたい時期の設定

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

マンションを売る場合に急ぎでない場合は、仲介媒介契約や個人売却などの方法で時間をかけてゆっくりと買い手を探すことをおすすめします。

 

しかし、どうしてもマンションをすぐに売却しないという状況にある場合は気持ちが焦ってしまうことが多くなります。そうすると、妥協をした取引になってしまい、結果的に数百万円という単位の損失が出てしまう可能性もあります。

 

ただし、ある程度の売却時期を事前に設定しておくことは大切です。
マンションは経年劣化するものであるため、時間と共に価値が少しずつ下がっていきます。
このことを考えると早めの取引の方が高くマンションを売ることができやすくなります。

 

高値で取引か、すぐに売却か

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

売りたい時期の設定は難しいところでもあります。

 

少しでも高値での取引ができることを軸に考えている場合は一年くらい時間の余裕を持つことは大切です。時間をかけて買い手の反応を見ながら売却金額を少しずつ調整していくとよいでしょう。

 

またすぐに売却をして現金が欲しい場合についての対応は個人取引や仲介取引ではなく直接売却という方法をベースに考えていくことになります。

 

この方法はいつでも売りたい時に売ることができるというメリットがあります。
その一方で、買い取る不動産業者が持って行くマージンが多いというデメリットもあります。

 

そのため、少しでも高くマンションを売ることを軸に考えていて急ぎの場合はできるだけ多くの買い取り業者に査定してもらうことがおすすめです。
そこで提示される金額を比較することで売り先が決まっていくと思います。

マンション売却の個人での取引き

不動産を高く売るコツとしては不動産業者に対して支払う中間マージンを意識するということです。

 

不動産業者に依頼することで必要な手続きや販売促進、大きな業者になってくると直接買い取りなども可能になるものの、いずれも不動産業者に対して一定のマージンを支払うことになります。

 

手数料という名目の負担をできるだけ減らしたいのであれば個人取引をすることがおすすめになります。

 

マンション個人売却は安心の取引き

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

昔は知り合いなどにしか個人での売却は難しかったので第一選択にされることはほとんどありませんでした。できても、取引の経験がある人が中に入らないと難しいのが実際のところでした。

 

しかし、インターネットが普及してからは個人的にマンションを売る相手を探して自分で売価設定をして売却をすることができるようになりました。

 

以前に比べると個人取引でマンションを売る敷居はかなり下がってきています。
そのため、安心して取引を進めて行くことができるようになりました。

 

マンション個人売却は経験が無い人でも問題なく可能

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

個人で取引をする場合はそれなりに不動産売買における知識や経験が必要かと思われます。

 

しかし、手順についてもインターネットで調べることによって分かるので、全く個人取引をしたことが無い人でも問題なく可能です。

 

不動産取引を個人でする場合はトラブルリスクがゼロではありません。特にマンションを売る場合は内覧をきちんとしておかないと後からクレームが入ることも少なくありません。

 

いずれにしても後悔ないようにマンションを売るためにも事前の情報収集はしっかり行うようにしましょう。

マンションを売る前に部屋の臭いを取り除く

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

どんな部屋でも長年住んでいる人がいる場合は部屋に生活臭が染み付いています。

 

これからマンションを売る人にとっては臭いがどれくらい取引に影響を及ぼす要素になってくるのか気になる部分でもあると思います。

 

特に犬や猫などのペットを自宅で飼っていた場合は、動物の臭いについても気になるところだと思います。臭いが強い場合はそれだけでなかなか売ることができなくなります。
そのため、あらかじめ臭い対策をしっかり行ってマンションを売る準備を進めて行きたいものです。

 

部屋の臭いを取り除く方法

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

部屋の臭いを取り除く方法としては消臭剤などではどうにもなりません。
最近はハウスクリーニング業者に依頼して臭いを取り除いてもらうのが一般的な方法になってきています。

 

可能であれば壁紙やふすま紙を変えることもおすすめです。
これだけでもかなりの臭い対策が期待できます。

 

カーペットについても臭いが付着しやすい部分であるため、できれば取り替えて対策したいものです。
繊維についている臭いを一層することによって自分で思っていた以上に臭いが気にならなくなるはずです。

 

内覧前に臭い対策を

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

マンションを売る場合は内覧をしてから売却するのが一般的となります。

 

この内覧のタイミングが買いたいと考えている人が部屋の臭いを知るタイミングです。
その前にはしっかりと部屋の臭いを取り除いておくようにしたいものです。

 

また、マンションを売る方法にはいろいろありますが、どの方法で売却する場合も臭い対策は抜け目ないようにしましょう。

マンション売却の交渉時は感情的にならない

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

マンションを少しでも高く売るためのコツは、常に冷静な気持ちを持って取引を進めていくことです。

 

大きなお金が動くことになるのでどうしても感情の起伏が大きくなってしまいがちです。
しかし、お金と感情は全くの別物であると切り離すことで冷静さを持つことができます。

 

どうして感情的になってしまうと取引に不具合が出てくるのでしょう。

 

冷静にお互いの妥協点を探す

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

マンションを売る場合は、売り手は一円でも高い金額で売却したいと考えています。
買い手については全くの逆で一円でも安い金額で購入したいと考えるのが普通です。

 

この二つの感情が折り合うところが取引金額になるわけです。

 

感情を前面に押して交渉をすると相手に見切られてしまいせっかくの取引相手を失うことになります。
冷静さを大切にしてお互いの妥協点を最初に探すように促すのがポイントになります。

 

次の交渉時に備える

必ずマンションを売ることが決まってから次のステップに移行

また、それで話しがつかない場合でもしばらく販売促進をしていると他に買いたいと思う人が出てくる可能性も十分にあります。

 

次に買いたい人が現れた時にきちんとした対策ができるように準備しておきたいものです。

 

マンションを高く売るためには売り方についても考える必要があります。
どうしても業者が入ってくると手数料の支払いが大きくなってしまうので費用的な面では損失が出やすくなります。

 

インターネットを活用することで個人取引も可能なので余裕がある場合は一度検討してみるのもよいかもしれません。

このページの先頭へ戻る