古いマンションを売る場合

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

所有しているマンションを売る場合に少しでも高く売りたいのであれば事前準備はしっかり行っておく必要があります。

 

特に古いタイプのマンションを売る場合は経年劣化によって価値が下がっている可能性があるので注意が必要になります。

 

古いマンションを売る場合に少しでも高く売却するコツとしては部屋の掃除を事前にしておくことがポイントです。
内覧に来た際に築年数以上の魅力を感じさせることができたならそれだけ高値売却も見えてくることになります。

 

ちなみに築30年を超える古いマンションになってくると売りにくいと言われています。
これは経年劣化による資産価値が著しく下がることが理由の一因としてあります。

立地条件は重要なポイント

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

そんな古いマンションの価値を決めるのが、

  • 立地条件
  • 将来的に立て替えをした際に余裕があること
  • 修繕の積立金がしっかり用意されているか

などの要素になってきます。

 

この中でも立地条件というのはマンションを売る上で重要なポイントになってきます。

 

駅から近いことや大型ショッピングセンターから近いということはアピールポイントにもなってくるため、
特に個人売却を目指している場合は積極的にPRするように心がけましょう。

 

いろいろな方法でマンションを売ることはできますが、相対的な価値を知っておくことが交渉における術になります。
まずはインターネットを活用して同じような条件の不動産を調べて対比してから最終的には売値を決めていく方法がベストになってきます。

マンション査定を受ける

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

マンションを売る場合はできるだけ複数の不動産業者に相談した方が良いと言われています。

 

不動産業者はマンションを代理で販売することや直接的に買い取る際に手数料を受け取ることで利益としています。どのような形であれ、できるだけ安く買い取りをしてなおかつ高い手数料を取ろうとしまうす。

 

一方で、マンションを売る側からするとできるだけ多くの収入があればいいというのが自然な心理です。
このように、業者と売る側の心理は正反対のベクトルになります。

 

なおかつ不動産業者の方が取引における知識は卓説しています。
そのため、どうしても業者が優位な取引になってしまいがちです。

 

複数の業者から査定を受ける

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

少しでも損をせずマンションを高く売るためのコツとしては複数の不動産業者を競合させるという方法がベストな方法になります。

 

これによって高値での売却が可能になります。
特に、直接売却を検討している場合は競争による効果は非常に大きいと言えます。

 

それぞれの不動産業者に現場を見てもらってマンションを売るための査定を受けることになると時間がかかってしまうなどのデメリットもありますが、最近はインターネットを活用することで便利に複数の業者から査定を受けることもできるようになっています。

 

そのため、これを利用して提示される査定額を交渉のカードにすることによって実査定の際にプラス効果が期待できます。
ただし、インターネットの査定と現物の査定ではかなりの金額差が出ることもあるということを覚えておきましょう。

マンションを売る場合には複数の業者を比較する

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

マンションを少しでも高く売るためのコツとしては、できるだけ多くの業者を比較することが大事です。

 

それぞれの業者を比較することによって、もっとも高い金額で買い取りしてくれる業者を選んで売ることが可能になります。

 

複数の不動産業者に査定をしてもらうのは大変なので、まずは一括で査定してもらうことができる不動産一括査定サイトを利用することをおすすめします。

 

必要な不動産の情報を入力することによって自動的に複数の不動産業者が査定額を提示してくれるというものです。

 

利用においては登録している不動産業者が一定のマージンをサイト側に支払うことによって運営されている特徴があるため、
無料で利用することができるのも魅力となっています。中には利用することによってキャンペーンを受けることができるようなところもあります。

 

仲介媒介契約を軸に考える

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

マンションを高く売るためには相場を知ることも大切です。
それぞれの不動産業者が提示する金額を見て平均化することによって自ずと相場は見えてくると思います。

 

マンションを売ることによってまとまった収入が入ってくることも期待できますが、高く売るのであれば直接的な売却は避けて、業者に依頼する場合でも可能な限りは仲介媒介契約を軸に考えるようにしましょう。

 

昔に比べるとインターネットがあるおかげで便利に情報を収集することができるようになりましたが、
ネット査定と現物査定ではかなりの差が出ることもあるということを知識として覚えておきましょう。

マンションを売る前にハウスクリーニングをする

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

マンションを高く売るためにリフォームをすることはあまり推奨されないと言われています。

 

これは、リフォームにかかるコストを考えた場合に、それ相応のリターンが望めないというのが理由です。特に業者へ依頼してリフォームをしてもらう場合は業者の儲けも入っているので、損をする可能性は高くなります。

 

リフォームをすることはあまり推奨されないものの、内覧などがある場合は事前にハウスクリーニングしておくのはおすすめです。

 

ハウスクリーニングもプロに依頼するとそれなりに費用がかかってしまいますが、
部屋がきれいなことが内覧に来た人に与えるイメージを考えると十分にメリットがあります。

 

信頼できる業者に依頼する

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

ハウスクリーニングをすることがマンションを高く売るコツの一つでもありますが、依頼する場合はできるだけ信頼できる業者に依頼するのが大切です。

 

なおかつ費用なども事前に調べて予算にあったハウスクリーニングをしてくれる業者に依頼するように準備しておきましょう

 

マンションは元値が高額ということもあって取引においてはリスクも伴いやすいと言われています。

 

最低限の不動産売買に対する知識を身に付けておくことによってトラブルは防げる場合がほとんどです。
その知識についてもインターネットで大半は収集することができます。

 

マンションを売る方法にはいろいろありますが、時間に余裕があって取引に関する流れや、
知識を持っているのであれば敢えて個人売却に挑戦してみるというのも方法としてあります。

マンションを売る動機の明確さ

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

マンションを売ると決めた以上は、後悔しないように取引を進めて行くことができるよう用意周到にしたいものです。

 

所有しているマンションを売る理由は人によってそれぞれだと思います。

 

何故売りたいかということを今一度考えて見ましょう。

 

まとまったお金がいる

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

まとまったお金が入るという理由からお金に困っているという理由でマンションの売却を検討している人も中にはいるかもしれません。

 

マンションなどの不動産を所有している状態で、なおかつローンがそこに発生してない場合は個人財産として認められることになります。

 

そうすると、金融機関からお金を借りる際にその不動産を担保設定にすることができます。
これによって収入が低くても金融機関からお金の借り入れができる場合があります。

 

しかし、不動産を手放してしまうと担保設定にあてるものが無くなります。
金融機関のローンを利用する場合に収入や勤務状態によっては借りることが難しくなります。

 

もし、必要なお金がそこまで多くなく他の金融機関からお金を借りてないのであればマンションを売るという選択肢ではなく、
金融機関の低金利ローンを利用してお金の入り用にカバーすることも方法としては有効になります。

 

引っ越しで手放す

また、マンションを売る理由の中には引越しをすることになって住まなくなるという理由も多くあります。

 

その場合についてもマンションを売却をするのではなく借家として貸し出すというのも選択肢の一つとしてあります。

 

言い換えれば資産運用をするということにもなりますが、資産運用をすることによって長期的な収入が期待されます。

マンションを売る前に事前の情報収集

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

所有しているマンションを高く売るコツとしては、事前にどれだけの情報を収集することができるかどうかです。

 

情報をたくさん持っていればそれだけ高くマンションを売ることができる可能性が高くなります。

 

マンションに限らず、不動産に共通して言えるのは取引によって動くお金が数百万円から場合によっては億単位になります。取引方法が少し変わることによっても、入ってくるお金に数十万から数百万という差が出てしまうことも少なくありません。

 

そのため、マンションを売る場合は所有しているマンションと同じような条件の不動産が、
どれくらいの金額で取引されているのかということを情報として持っておくことをおすすめします。

 

自分にあった取引方法を選ぶ

古いマンションを売る場合でも価格以上にできる3つのポイント

マンションを売る方法には

  • 個人的な売却
  • 不動産業者に依頼して買い手を探してもらう方法
  • 大きな不動産業者になってくると業者が買い付けるケース

などがあります。

 

それぞれの取引方法に一長一短があるのでマンションを売りたい時期や何を優先するかなどを明確化させて自分にあった取引方法を選んでいくようにしましょう。

 

また、まとまったお金が短期間で動くため業者を介する場合は業者との間でトラブルが発生することがあります。
個人取引の場合は買い手との間でトラブルが起こることもあります。

 

どのような状況でトラブルリスクが高まるかということも事前の情報として持っておきたいポイントになります。
少しでも安心して取引をすることができるようにするために知識は盾になるということを忘れないようにしましょう。

このページの先頭へ戻る