リフォームすればマンションを高く売れるようになるの?

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

マンションを売る場合に少しでも高く売ることができるコツとして、部屋をきれいな状態にする方法が有ります。

 

内覧などをする場合は実際に購入したい人が部屋の中をチェックすることになるので、購入を決める上で部屋の状態は一つの選ぶ要素になります。

 

少しでもマンションを高く売りたいという理由から、リフォームの検討をする人も中にはいるかもしれません。もちろん、リフォームをして部屋を一新させることによって確かに現状よりも高値で売却することができるようになる可能性は十分にあります。

 

しかし、リフォームをしてからマンションを売ることが得か損かと言えば損になることがあります。

リフォームをするとかえって損になる理由

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

これはリフォームをするにあたってかかった費用が、そのまま売却できる金額を超える可能性が高いことが理由としてあります。

 

もちろん、コストをかけない範囲内で自分の力で可能なリフォームに関しては行うことによってプラス要素になります。

 

しかし、少しでもコストをかけてしまうと損をした取引になる可能性が高いということを意識して取引を考える必要性もあります。

 

マンションを売る方法にはいろいろありますが、リフォームをしてから売却するメリットがある取引方法はありません。

 

現状にプラスαで部屋の掃除を加えるなどの方法が売り方としてはベストな方法になります。
いずれにしてもトラブルが起こらないようにするためにも事前にしっかり情報を収集しておくことが大切です。

マンションの売買する際に内覧を拒否しないこと

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

マンションを売る上で、買い手が一つの要素として考慮するのが内覧です。

 

内覧というのは売却を検討している不動産を直接見てもらうことを言い、最終的な取引は内覧を通して決める人が大半です。
内覧をするかどうかについては売り手が自由に決めることができます。

 

もちろん内覧を拒否して売却を進めて行く方法も可能ではありますが、部屋の中を見ることができないのにマンションを買うということはまずありません。
そのため、マンションを売る気でいるなら内覧は積極的に行うのがポイントになってきます。

 

内覧の際のポイント

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

部屋を見てもらうわけなので内覧に来てもらう前には必ず、

  • 最低限の掃除をしておくこと
  • 住みたくなるような演出を可能な範囲で行うこと

もポイントの一つになります。

 

マンションの取引方法としては不動産業者に依頼して進めて行くという形が一般的になっています。
しかし、これだと手数料が余分にかかってしまう理由から中には個人で情報を集めて取引をする人もいます。

 

個人でマンションを売る場合は内覧の予定などを立てるのも迷うポイントになります。
数人の買い手がいる場合は内覧会などを開いて時間をかけないこともコツになります。

 

いずれにしても高額な買い物になるので、買い手が満足のいくような環境を作ることがまずは大切なことです。

 

そのためにも買い手の立場になって物事を考える必要があります。
内覧の重要性にも重きを置いて、所有しているマンションの取引を進めて行くようにしましょう。

マンションを借家として貸し出している場合

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

所有しているマンションを売ると考えている場合にそのマンションを借家として貸し出しているケースもあると思います。

 

借家の場合だと安定した家賃収入が期待できるので

  • 入居している人に出てもらって空き家として売却するか
  • そのまま借家として貸したままにするか

は悩む部分でもあります。

 

マンションを売るにもきちんとした理由が必要です

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

長期的な面で考えると借家として貸し出して安定的な収入を得ている方が良い気はします。
しかし、マンションは経年劣化してしまうものです。

 

将来的に入居している人が退去した場合にマンションを売ることができるかどうかは分からないことを考えると、早めにマンションを売る方が得なケースもあります。

 

しかし、その問題以前に、入居している人を退去させることには正当な理由が必要です。
単に物件を売却することになったという理由だけでは正当な事由には該当しません。
そのためにはきちんとした理由が必要であるということも知識として覚えておきましょう。

 

マンションを売るか貸すか?どちらにメリットがあるかしっかり考える

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

マンションを売ることによってまとまったお金が手元に入る可能性はあります。

 

しかし、手放してしまった時点でそれ以上はお金を生むことがありません。
こういったことを考えると、借家として貸し出しているのであれば勿体なさを感じると思います。

 

また、不動産は所有していることによってそれを担保としてローンを組むことができます。
このことを考えると安易に手放すことを考えるのではなく、将来的なことを考えた場合にどちらにメリットがあるかということをしっかり考える必要性もあります。

マンションの直接売却はできるだけ避ける

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

少しでも所有しているマンションを高く売るという意志があるのであれば、不動産業者に対しての直接売却はできるだけ避けたいものです。

 

直接売却は資金が豊富にある大手不動産会社などで可能な取引方法の一つです。
仲介取引などとは異なり、すぐに売ることができるメリットがある一方で、もっとも安い金額での売却になってしまいます。

 

すぐにお金が欲しくて不動産の取引をするという人にとってはベストな取引方法になると思います。

 

しかし、マンションを高く売ることを軸に考えて取引を検討している場合だとデメリット要素も大きいので、
業者を介す場合でも仲介取引などを考えるようにしましょう。

 

信頼できる不動産業者を選んで取引することが重要なポイント

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

また、業者が入ってしまうと仲介取引であっても一定のマージンを支払う必要が出てきます。

 

マージンの支払いに負担を感じるようであれば個人的な売却がお勧めで、インターネットを利用することでも簡単に取引することができます。

 

ただし、高額な費用が取引によって動くことを考えると不動産取引に対しての知識があまり無い人が行なうのは危険性を伴う部分でもあります。
これまでに取引をしたことのある経験がない場合はトラブルになることがあります。

 

自分の大切な財産を手放すわけなので失敗ないように取引を進めて行きたいものです。
そのためにもきちんとした知識を身に付けることが大切です。
不動産業者に依頼する場合も信頼できるところを選んで取引することが重要なポイントであり、失敗しないためのコツでもあります。

今すぐにお金が必要という理由でマンションを売る場合

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

マンションを売ることによってまとまったお金が手に入ります。

 

そのため急にお金が必要になったという理由で、所有している不動産を売却し、資金確保をしてお金が要るピンチを乗り切る人も少なくありません。

 

今すぐにお金が必要でも慌てて所有している不動産を売ることはできるだけ避けたいものです。
不動産は資産の一つでもあるので所有しておくことによって不動産を担保として銀行からお金を借りることも可能になります。

 

また、マンションを売るのではなく借家として貸し出すのも方法の一つとしてあります。
借家であれば定期的にまとまったお金が入ってくることになるので、売って終わりではなく長期的に資産運用するということもできます。

 

媒介契約か直接売却か

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

もし、マンションを売るという意志が固い場合は、不動産業者に対して直接的に売却する方法ではなく、
仲介取引などの方法を用いて取引する方法をおすすめします。
媒介契約による方法だと直接売却と比較した場合に業者へ支払う手数料が少なくなります。

 

ただし、すぐにでも売って現金が必要な場合だと媒介契約による売却では、いつ売ることができるかという目処が立たないので注意する必要もあります。
その場合は直接売却という形がスムーズな取引の形になります。

 

また、時間に余裕があって不動産取引に対する知識が一定量ある場合は、個人取引も選択肢としてあります。
個人取引は、インターネットを用いて自分で買い手を探すというのが一般的な形になります。

マンションを早く売りたいからといって極端な値下げは避けましょう!

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

マンションを売る場合に少しでも高い金額で売却がしたいと考える場合は事前の情報集めも一つのポイントになってきます。

 

直接売却という方法がもっともスピーディーな取引ができるものの、それだと売値が下がってしまうので他の方法を選択することをおすすめします。

 

インターネットという便利な仕組みによって業者を介さず自分で取引をすることが可能になりました。
しかし、個人的な取引というのはどうしてもリスクを伴うことから慣れてない素人がする場合は個人取引よりも業者を介しての取引がおすすめになります。

 

マンションを売る場合に業者を介する場合は一般媒介契約や専任媒介契約などいろいろな方法があります。
どの方法を用いる場合でも売値を極端に下げてしまうのは厳禁です。

 

売値を下げてしまうと買い手が見つかる可能性は高くなるものの、それだけ入ってくるお金は少なくなります。

 

トラブルが起こらないようにするには

リフォームすればマンションを高く売れる?かえって損になる理由とは

また、マンションを売る場合は自分が売ろうとしているマンションに相対的な価値がどれくらいあるかということを調べておくことも大切です。

 

同じような条件の物件がどれくらいの金額で売り出されているかを調べることによっても分かると思います。

 

元値が高額な不動産ということもあってどうしてもトラブルが起こるリスクは避けられない部分でもありますが、最低限の不動産取引の知識があるだけでもトラブルの回避は可能になります。

 

トラブルのケースなどを把握しておくのもトラブルが起こらないようにするための防止策になります。

このページの先頭へ戻る