亜鉛

牡蠣なら亜鉛の含有量が断トツ1位!牡蠣サプリメントの効果を徹底比較

投稿日:

牡蠣なら亜鉛の含有量が断トツ1位!牡蠣サプリメントの効果を徹底比較

《目次》

牡蠣の効果を高めたいなら、筋トレが良い

牡蠣の効果を高めたいなら、筋トレが良い

牡蠣による効果で体の機能を高めるのであれば、合わせて運動を行うことをおすすめします。特に筋トレがおすすめです。日本人は有酸素運動の方が好きな人が多く、また有酸素運動の方が代謝が上がると思っている人も多いです。

実際は無酸素運動の方が物理的に筋肉も大きくなり、成長ホルモンの活性化にも役立ちます。しかし、有酸素運動の脂肪燃焼も細胞分裂の働きを高めます。筋トレと有酸素運動の両方を行うのがより効果的でしょう。人間の体が変わる際には細胞分裂が活性化します。筋肥大も脂肪燃焼も同じく体の変化です。

こういったプラスの変化というのは積極的に起こしていくべきです。その際に、筋肉が変わるだけでなく、皮膚や内臓の機能も高まります。

 

精力増強には筋トレ

細胞分裂が促進されるということは、筋肉も一緒に強くなるということになります。

  1. 肺や脳はその臓器そのものを使って鍛えるという方法
  2. 筋肉を鍛えて間接的に活性化するという方法

どちらも行った方が体に良いでしょう。

しかし、血管や心臓は意識的に鍛えることが難しいです。筋肉によって間接的に機能向上させるのが良いということになります。筋トレというのは、全身の機能そのものを変えるもので、単に筋肉がつくだけではないのです。

日本人はジョギングは健康に良いけれども、筋トレは趣味のように捉える傾向があります。しかし、筋肉を肥大化させるのは外見のためというよりは脳を含む体の機能向上になります。外見に興味がなくても鍛えた方がお是非おすすめします。

旬の時期に注意!牡蠣の種類や産地について

旬の時期に注意!牡蠣の種類や産地について

牡蠣は通称「海のミルク」とも呼ばれ、大好物だという人も多いですね。日本国内で出荷されている種類には「岩牡蠣」と「真牡蠣」の二種類があります。このふたつは大きさも育て方も出荷の時期もまったく異なります。

それぞれをおいしく味わうためには、その特徴を押さえておくとよいでしょう。一般的には食べごろは9月から冬に向かう、英語で「ER」が付く月が良いとも言われています。「岩牡蠣」については、少し意外なことに夏が旬となります。

岩牡蠣の旬は夏!

岩牡蠣は、産卵期に数ヵ月という時間がかかります。水揚げの時期は6月から9月の3ヵ月間となります。成長に時間がかかるため、殻が大きく育つのが特長です。

産地は日本海側が多くなり、天然のものの他に養殖されたものも存在します。身も殻と同様に大きく厚みがあり、ジュ-シ-な味わいを楽しむことができます。

真牡蠣の旬は冬!

「真牡蠣」は、数ヵ月に一度、大量に産卵しますが産卵後に栄養素が落ちてしまいます。水揚げは産卵前の10月から4月となります。そのため旬の時期が冬になります。

大きさはからも含めて少し小ぶりになりますが、その分うま味がギュッと詰まっていて、クリ-ミ-な味わいです。産地は太平洋側で、ほとんどのものが養殖ものとなります。

牡蠣の保存方法

牡蠣の保存方法

生では水揚げしてから最長でも保存期間は5日間と決められています。

殻付き牡蠣の保存方法

  1. 3%の濃度の塩水を作り殻を塩水にくぐらせる。
  2. 塩水に浸した新聞紙等でくるみます。
  3. 殻の膨らんでいる方を下にしてサランラップをかけ、冷蔵庫に入れる。

しかし、保存状況によっては、もっと早く痛んでしまう場合があります。不安な方は生食用であっても加熱することをおすすめします。

旬の時期を念頭においてそれぞれの特徴を頭に入れておくといいですね。レシピの数も広がり個々の味わいを楽しめるのではないでしょうか。

 

牡蠣にはタウリンや亜鉛の成分が含まれる

牡蠣にはタウリンや亜鉛の成分が含まれる

人は亜鉛やタウリンの成分が不足すると、全身の機能が落ちます。
タウリンや亜鉛は精力増強にも使われますが、実際はそこに特化した成分ではありません。

牡蠣には亜鉛とタウリンが豊富に含まれています

亜鉛は全身のエネルギー源で、また筋肥大などにも特に役立つ成分です。牡蠣は全身の活力になる成分が含まれると考えると良いでしょう。亜鉛が不足すると鉄が不足したときのような貧血になったりします。また、髪や肌が荒れやすくなるというようなデメリットもあります。

ミネラルはアミノ酸の働きをサポートするので、なくてはならないものです。牡蠣や鉄は普段から意識的に補給して不足しないようにすると良いでしょう。特に貧血になりやすい人は要注意です。

鉄分不足は筋力不足も原因です。

運動不足や筋力不足というのも貧血を引き起こす原因になります。体の機能を高めるという場合にどうするかというと、筋肉を変えることです。

筋肉を鍛えることによって、全身の代謝や血流が活性化し、皮膚や内臓の機能も高まります。全身の血流も良くなるので、貧血になりにくいということになります。

 

亜鉛が含まれる牡蠣を食事で取り入れる際の注意点

亜鉛が含まれる牡蠣を食事で取り入れる際の注意点

海産物の中でも一際、日本人の間で人気が高いのが牡蠣です。海のミルクとも称される高級素材の一つでもあります。綺麗な海でしか良質な牡蠣は水揚げされず、産地や時期が限られています。

都内で購入すると、なかなかのお値段になります。ただ、単なる嗜好品的な食材ではなく、優れた栄養素を大量に含む素材です。健康管理の一環として食事に取り入れる価値は十二分にあります。

牡蠣に含まれる成分はたくさんあります

  • タウリン
  • ビタミンA
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • グリコーゲン
  • 脂質やEPA

いずれも心身の健康管理に欠かせない栄養素ばかりです。特に亜鉛の含有量が多い事でも、牡蠣は知られています。

牡蠣の食事での取り入れ方

牡蠣の食事での取り入れ方

牡蠣は自然食品ですので、摂取量を細かく気にかける必要はありません。いわゆる普通の家庭で食べる食事の中で、使われるレベルなら食べ過ぎてしまう事はありません。仮に専門家が推奨する一日の摂取量を多少オーバーしても、それで体調不良になる事は基本的にありません。

揚げ物など、高カロリーの食事は注意!

ただ、摂取し過ぎて体調不良に陥るリスクはなくても、食べ過ぎには要注意です。カキフライや牡蠣グラタン等の食事は、美味しくて高栄養価ですが、一方で高カロリーです。

高カロリーの揚げ物や洋食料理を頻繁に食べると、摂取カロリーが膨らみ、今度はメタボリックシンドロームのリスクが高まってしまいます何事も過ぎたるは及ばざるが如し、です。ピザや揚げ物やグラタンやグラタン等の料理は、一日一品までにしておけば、カロリーオーバーになる事はないでしょう。

また毎日食べ続けたい方は同じスタミナ料理でも、お鍋の素材にすることをおすすめします。洋食系ではなくヘルシーメニューの素材として取り入れましょう。そうすれば、食べ過ぎによるメタボのリスクを無くせます。

 

牡蠣のおすすめサプリメントの選び方について

牡蠣のおすすめサプリメントの選び方について

牡蠣は、栄養価が高くて美味しいので、日本でも多くのファンがいます。最近は、牡蠣の栄養を丸ごと摂取できるサプリメントも人気を博しています。

ドラッグストアにもおすすめのサプリメントが紹介されていることが多く、ネットショップでもおすすめの商品として牡蠣のサプリメントが紹介されていることがあります。

亜鉛とタウリンが豊富なことで有名な牡蠣

牡蠣は、健康に役立つ多くの栄養素が含まれています。特に亜鉛とタウリンは有名です。

亜鉛の働き
  • 免疫力を高める
  • 皮膚や髪の健康を維持
  • 活性酸素を除去する
  • 精神の安定
  • 傷ついた組織の回復を早める

人間の体内では酵素が活躍していますが、その酵素は約300種類と言われています。そして、それらの酵素は亜鉛がないと活性化することができないのです。最近は、亜鉛の重要性が知られるようになり、様々な分野で応用されています。

牡蠣に含まれる亜鉛は健康にバツグンです!

牡蠣に含まれる亜鉛は健康に

亜鉛は医療の現場では、胃潰瘍の治療に使われています。また、赤ちゃんの発育を促すためにDHAに亜鉛を配合した粉ミルクも販売されています。健康を強力にサポートする亜鉛を豊富に含んでいる牡蠣を食べることは、健康にも美容にもとても良いのです。

生食の場合は、摂取方法に気を付ける点がありますが、栄養補助食品や健康食品の場合は、摂取方法に特別注意は必要ありません。栄養補助剤や健康食品は薬ではないので、副作用もなく、好きな時に摂取することができます。

サプリメント摂取の注意点

大量に飲むのは良くありません。パッケージに目安が記載されているので、目安量を参考に飲むようにしましょう。現在、様々な商品が販売されてます。選び方の注意点としては、信頼できるメーカーの商品を購入することです。

インターネットの普及により、日本では自宅にいながら国内外の様々な商品を購入することができます。海外で製造された栄養補助食品や健康食品の中には、価格がかなり安いものもありますが、購入する時は慎重にチェックすることが大事です。

選び方の注意点を把握していれば、品質が良くて価格が安い商品を購入することも可能です。

二種類の牡蠣、真牡蠣と岩牡蠣のそれぞれの特徴とは

二種類の牡蠣、真牡蠣と岩牡蠣のそれぞれの特徴とは

いま、大きな注目を集めているのが牡蠣であると言えるでしょう。牡蠣は亜鉛やグリコーゲン、またタウリンや鉄分といった大切な栄養素を豊富に含んでいます。

真牡蠣と岩牡蠣の特徴

もちろん一言で牡蠣と言っても、大きく分けて二つの種類に分けることができます。一つは真牡蠣で、もう一つは岩牡蠣です。では、それぞれの特徴とはいったいどのようなものなのでしょうか。

真牡蠣の特徴

  • 濃厚な味が特徴です。
  • カキフライや、焼いたりしてもたいへん美味しく食べることができる

岩牡蠣の特徴

  • 内臓部分が大きく、みずみずしさがある
  • クリーミーである
  • 生食で食べるとより一層美味しく食べられる
  • つるりとした食感やクリーミーな味わい

このように、味の点でもそれぞれの特徴は大きく異なっているのです。また、これら二つの種類の牡蠣には、旬の時期という点でも大きな違いがあります。

真牡蠣と岩牡蠣は旬の時期が違う

真牡蠣と岩牡蠣は旬の時期が違う

もちろんどちらの種類の牡蠣も、産卵期は夏の時期であると言われています。しかし、実は美味しくなる旬の時期が異なっているのです。

例えば、真牡蠣は秋から冬を越え春先にかけて、最も美味しくなる旬の時期を迎えます。それに対して、岩牡蠣は夏の時期が旬の時期であると言われています。

なるほど!

こうした旬の時期に違いがあるおかげで、一年のうちのいつでもそれぞれの良さを味わい堪能できると言えるでしょう。

さらに、これら二つの種類の牡蠣の産地にもそれぞれの特徴があると言えます。

真牡蠣の産地

北は北海道から南は九州まで。日本全国の海岸で養殖され生産されています。

岩牡蠣の産地

日本各地が産地となっています。なかでも特に有名な産地は日本海側とされています。潮間帯はもちろんのこと、水深15メートルの所で生息しているものもあります。大きく成長するのも一つの特徴となっています。

 

牡蠣の特徴と産地について

牡蠣の特徴と産地について

牡蠣は、栄養価が高く、美味しいので日本でも愛されている食材のひとつです。産地によって違いがあり、三陸産と広島産では大きさも味も違うのです。

牡蠣の産地を知っておくと選びやすい

牡蠣の全国水揚げのほとんどは、宮城県と広島県で占められています。加熱用を含めると、生産量の第1位広島県ですが、生食用では宮城県が第1位となっています。

広島産の特徴

広島県は、瀬戸内海に大きな川が流れています。そのため、栄養が豊富で大ぶりな牡蠣が育ちます。あっさりしているのは広島産で、濃厚なのは宮城産です。

宮城産の特徴

三陸地方は、寒流と暖流がぶつかる世界三大漁場のひとつです。三陸地方は、リアス式海岸で、周囲を山が囲んでいます。森林に注いだ雨水は、地中深くに入り、海岸線まで流れていきます。森林と海の共存が、美味しい魚介類を生み出しているのです。

牡蠣の特徴は豊富に含まれる亜鉛にある

牡蠣の特徴は豊富に含まれる亜鉛にある

牡蠣の大きな特徴のひとつが、亜鉛の豊富さです。あらゆる食品の中で、トップクラスの亜鉛含有量を誇っています。亜鉛は、新陳代謝を促し、肌や髪に潤いを与え、精力を増強します。そして、免疫力を高め、酵素の働きも活発にします。

亜鉛は、体にとって重要な働きをしています。不足すると、脱毛や生殖機能の低下、味覚障害など様々な悪影響が出ます。

牡蠣を食べると鉄分やグリコーゲンも摂取できる

日本女性が不足しやすい栄養素のひとつが鉄です。鉄分が不足すると、貧血や冷え性の原因になります。牡蠣には、グリコーゲンや吸収率が高いと言われているヘム鉄が豊富に含まれいます。貧血の予防や疲労回復に効果的です。

鉄には、体温を保つ働きもあるため、冷え性の改善も期待できます。グリコーゲンは肝臓に貯蔵され、必要になるとエネルギーに変換され、肝臓の機能を高めます。また、脳や筋肉の働きを活発にして、疲れを取ります。

牡蠣には、生食用と加熱用がありますが、生食用は保健所指定の海域で育ったものです。

 

注意ポイント加熱用のものは保健所指定の海域以外で育ったものなので、生食は厳禁です。

食べるときにレモン汁をかけるのは、鉄や亜鉛の吸収が良くなるからです。

牡蠣の旬の時期はいつなのか

牡蠣の旬の時期はいつなのか

牡蠣は栄養が豊富で美味しいため、世界中で食べられています。

食材として日本だけでなく世界各地で食べられている牡蠣。貝類の中でも特徴的な身の柔らかさと独特な味の濃さには専用のバーがあるほどです。この食材が好きだという人はかなり多いようです。

そんな牡蠣は栄養がたっぷり含まれていることも知られています。特に、なかなか摂取しづらい成分が多く含まれていることから、「海のミルク」や「海の完全食品」とも言われています。

牡蠣に含まれる豊富な栄養分

その中でも亜鉛、タウリン、グリコーゲンは新陳代謝や疲労回復に影響がある成分です。疲れているときなどは積極的に摂りたい食品です。
ただ、牡蠣には明確な旬の時期があります。ではその旬の時期とは、日本で食べる場合はいつになるのでしょうか。

牡蠣はいつが旬の時期なのでしょうか

牡蠣はいつが旬の時期なのでしょうか

この貝にはいくつかの種類があります。旬の時期で言うならば大きく分けると二種類、イワガキとマガキです。旬についても、この二種類で大きく違うものとなります。

旬の時期が異なる理由は、産卵期にあります。牡蠣は産卵のために栄養を蓄え、産卵によってその貯めこんだ栄養を使っていきます。産卵期は3月から8月ごろです。この時期の前である冬場が栄養たっぷりで味も濃くなるというわけです。

真牡蠣の旬の時期について

もっともよく見る牡蠣であり、スーパーなどでも良く売られているのは真牡蠣です。マガキの旬はいつかというと、冬場です。具体的に言えば、11月から4月ごろまでが旬ということになります。

岩牡蠣の旬の時期について

一方イワガキはこの逆で、夏場7月から9月ごろまでがもっとも美味しくなる時期となります。なぜイワガキは夏場なのでしょうか。

実はイワガキは、マガキが一気に産卵して栄養を使い切るのに対し、少しずつ産卵します。産卵時期になっても身が痩せず、むしろ最も栄養を蓄えた状態になるのです。

天然ものがほとんどのイワガキの場合、寒い時期であるということも影響しています。また、冬場はそれほど栄養を蓄えていないということも理由です。

せっかく栄養たっぷりで美味しい牡蠣ですから、旬の時期に食べたいものです。種類をよくみて、旬なものを買うと良いと言えるでしょう。

 

牡蠣の保存方法を学びましょう

牡蠣の保存方法を学びましょう

冬が旬でもある牡蠣は、ノロウイルスや食中毒の原因にもなるため上手な保存方法を知っておくことが大切になります。

牡蠣は一個売りよりもたくさん入った袋やカゴ一盛りで購入する方が安く、ついついそちらの方を購入してしまうことがありますよね。たくさん頂いてしまった場合には、一度には食べきれないので上手に保存しておく必要があります。

常温での牡蠣の保存方法

殻付きの牡蠣は、乾燥に非常に弱いです。風通しのよい10度以下の場所で保存しましょう。冷蔵庫は乾燥しているため常温で保存する方がおすすめです。軽く湿らせた新聞紙などをかぶせて発泡スチロール箱などに入れて調理するまでの間、常温で保存しておきましょう。

冷蔵での牡蠣の保存方法

もしも冷蔵で保存する場合には、粗塩などを使って3パーセントほどの濃度の塩水を作ります。その中にくぐらせてから、湿らせた新聞紙やキッチンペーパーなどでくるんで、しっかりとラップをかけて冷蔵庫で保存しましょう。

牡蠣の風味を落とさないように保存方法に注意しましょう

牡蠣の風味を落とさないように保存方法に注意しましょう

牡蠣は生命力が強いので状態が良ければ10日前後生きているものもあります。しかし生牡蠣の保存期間は長くても水揚げしてから5日間と定められています。

保存状況などによっては、もっと早く傷んでしまったりすることもあるので、不安な場合には加熱して食べるようにしましょう。むき身を買ってそのまま保存する方法は、袋のまま保存する方法が一番理想的です。

牡蠣が痛まないよう開封後は塩水に移しましょう

少しだけ使うために開封してしまったときには、袋に入っている塩水をタッパーなどの容器に移し、その中にむき身を入れてしっかり封をして冷蔵保存するようにしましょう。

なるほど!

袋に表示してある期限まで保存することができますが、一度開封してしまった場合には空気に触れてしまっているためできるだけ早く食べる必要があります。

また、むき身を冷凍保存する方法もあります。流水で洗い一粒ずつラップでくるみ、密封できる袋に入れて冷凍しましょう。1か月ぐらい保存できますが、風味や味が落ちてくるので、なるべく早く食べるようにしましょう。

効果が高い牡蠣サプリメントの選び方のポイント

効果が高い牡蠣サプリメントの選び方のポイント

亜鉛という成分の含有量の多さが原因で、多くの注目を集めているのが牡蠣サプリメントでしょう。亜鉛は現代人にとって不足しがちな栄養素であると言われています。牡蠣は是非とも積極的に活用したいサプリメントと言えるでしょう。

では、本当に効果が高い牡蠣サプリメントの選び方のポイントとはいったい何でしょうか。幾つかのポイントについて取り上げてみましょう。

01.選び方のポイントは牡蠣の品質と含有量

ポイント!

国産のものでなおかつ天然の牡蠣であること

ポイント!

ブランド化されているエキスが配合されているもの

本当の意味でよい品質のものを選びたいと思うなら、化合物などによって作られているものではなく、確かな品質の本物を選ぶということです。

牡蠣には多くの栄養素が含まれている

牡蠣には多くの栄養素が含まれている

牡蠣には三大栄養素とも言われるたんぱく質や炭水化物、さらには脂質が含まれています。このほかにも、約18種類ものアミノ酸が含まれていると言われています。

加えて、亜鉛の含有量はあらゆる食品の中でも最も多いと言えます。原産地などをチェックするなら、良い品質のものが使われているサプリを見極めることができるでしょう。

02.牡蠣サプリメントの含有量にも注目

自分に必要な量をきちんと摂取できるものを選びましょう。過剰摂取を防ぐために、自分の食習慣に合わせて飲む量を調整できるタイプのものを選ぶと良いです。

03.サプリメントの価格も選び方のポイント

是非とも、続けやすい価格のものを選ぶようにしましょう。牡蠣サプリメントは医薬品ではなく健康補助食品です。症状が改善されたと思ったなら摂取をやめてしまってもよいという性質のものではありません。

あくまでも毎日続けて摂取することが重要です。そのためには、無理なく続けられるものを選ぶことが非常に重要なポイントとなることでしょう。

 

牡蠣サプリメントの摂取方法と効果

牡蠣サプリメントの摂取方法と効果

牡蠣は豊富な栄養素を含んでいます。普段の食生活で不足しやすいビタミンやミネラルなどが豊富に含まれていることも特徴です。最近では牡蠣エキスを含んだサプリメントなども販売されており、興味を持っている人もいるでしょう。

サプリメントはすぐに効果が出るわけではありません。

サプリメントといってもいろいろなものがあります。効果が出るまでの時間や持続時間などはそれぞれ異なっています。

成分の配合量が多いものは効果が出るまでの時間が短くなっています。また、持続時間が長くなるという特徴のものもあります。

サプリは薬ではないので安全性が高いとされています。しかし、過剰摂取をしても効果がアップするわけではありませんし、摂取量の目安について知っておくことが大切です。

なるほど!

摂取量の目安を守らないと副作用が出てしまうこともあるので注意しましょう。効果を期待するなら国産の原料を使用しているものを選ぶのがおすすめです。国産の原料はきちんと品質管理されており、安心して摂取することができます。

 

牡蠣サプリメントの摂取方法

牡蠣サプリメントの摂取方法

牡蠣のサプリメントは亜鉛がその主な成分ですが、摂取方法は水で飲みます。水道水には不純物が含まれているため、ミネラルウォーターで飲むのがおすすめです。一度水を沸騰させた、白湯で飲むのも良いです。

カフェインの含まれる飲み物、コーヒーや緑茶などで飲むのもあまり良くありません。

なるほど!

カフェインは鉄分の吸収を妨げるため、一緒に摂取するとサプリメントの効果が発揮できません。

摂取方法のタイミング

サプリメントも食事と同じように、一日のうちに朝、昼、晩と分けて飲むと身体に効果的です。一度に大量を摂取しても、身体に吸収できる量は限られています。
最低でも2回に分けて摂取することをおすすめします。

筋トレの後は栄養の吸収率が高まる

筋トレをすると、筋繊維が傷ついているので、体が栄養を欲しています。そのタイミングで牡蠣のサプリメントを摂取するというのは非常に有効です。また亜鉛は筋肥大の成分としても有効なので一石二鳥でしょう。

筋トレをしているときにはより牡蠣というのは有効で、積極的に摂取していくと良いです。人が健康でいるためには食事、運動、睡眠が必須です。特に変える必要があるのは食事と運動でしょう。

牡蠣サプリメントを効果的に摂取するために

牡蠣サプリメントを効果的に摂取するために

牡蠣には亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛の含有量が多い商品は濃厚な牡蠣エキスがたっぷり入っているということです。

亜鉛は身体に欠かせない栄養分です

亜鉛は体内では作り出すことができないため、サプリや食品からしっかり摂取していく必要があります。牡蠣だけでもさまざまな栄養素が含まれています。サプリメントを利用するなら、他の栄養素も含まれていた方が吸収率が良くなります

サプリは飲んですぐに効果を発揮するわけではありません。ある程度継続して摂取することで効果を発揮するものです。1種類のサプリにたくさんの成分が入っているものなら効率よく栄養素を吸収することができるでしょう。

なるほど!

亜鉛は普段の生活習慣によっては不足しがちになります。不足しないように心がけることが、健康を守ることにつながります。

 

牡蠣サプリメントには副作用があるの?

牡蠣サプリメントには副作用があるの?

牡蠣のサプリメントの効果は絶大です。なぜなら牡蠣には亜鉛が豊富に含まれているからです。牡蠣のサプリメントを手にする人が摂取したいのは、亜鉛でしょう。

過剰摂取には注意しましょう

亜鉛は過剰に摂取すると副作用がある可能性もあるので注意が必要です。亜鉛が特別、副作用が大きいということではありません。どんな食材でも過剰に摂取すると、副作用が出る可能性があるということです。

栄養はバランスが大事

栄養というのはバランスが重要です。何らかの成分を過剰に摂取したら健康になるというものではありません

たとえば、今は肉を食べ過ぎている人が多いから、野菜を食べた方が良いと言われます。だからといってベジタリアンになるということではありません。

ベジタリアンを長年続けている人は代謝や成長ホルモンの分泌が悪くなっていきます。肌や髪の細胞分裂が活性化されず、なんとなくくすんだというような顔をしている可能性があります。また筋肉もつかないので、皮膚がたるんでいたりするでしょう。

このように、健康を保つには栄養のバランスが重要ということです。

サプリメントの効果を高めるため、運動にも注意しましょう

サプリメントの効果を高めるため、運動にも注意しましょう

亜鉛の効果というのは、精力増強のイメージが強いかもしれません。もちろんそれだけではなく、全身の機能を助けます。エネルギー源なので、筋トレをしている人には特に筋肥大におすすめでしょう。

栄養というのはとにかく摂取するというものではなく、運動も重要

体を作るという意味で筋トレや有酸素運動はどちらも行った方が良いです。そして、その運動は内臓や肌の状態も好転させます。筋肉というのは全身の細胞分裂を活性化します。それは筋肉に限った話ではなく、筋肉以外の人体の部位も活性化させることになるのです。

なるほど!

人間の体の中でも意図的に変化させやすいのが筋肉です。速筋も遅筋も鍛えて人体の機能を向上させておくことがおすすめです。

人体の機能を向上させておけば、脳やその他の内臓の細胞分裂も活性化されます。脳の機能も高まるということなので、さまざまな好転が期待できます。

亜鉛の効果とコスパで考えるおすすめ牡蠣サプリメント総合ランキング

※こちらは2018年10月の最新情報です。

贅沢亜鉛「牡蠣のチカラα」

牡蠣181個分の亜鉛で、つら~い亜鉛不足を解消します!!
牡蠣は自然界でもっとも亜鉛の含有量の多い食品のひとつ!
その生牡蠣 約181個分の亜鉛が詰まっているのでたった3粒で亜鉛16mgも取れる!
広島県瀬戸内海の栄養たっぷりの濃厚牡蠣エキスを使用した極上亜鉛サプリメント
【定価】4,800円 ⇒初回限定:980円!
初回限定80%オフ!+送料無料!

毎日の亜鉛補給「海宝の力」

海宝の力

元気な男性!美しい女性!自分づくりの亜鉛サプリ「海宝の力」
広島県瀬戸内海産牡蠣を190個分を使用!
「海宝の力」だったらたった3粒17mgの亜鉛を取得できます!
島根県宍道湖産の大和シジミも配合!
「海宝の力」だったらたった3粒しじみ200個分オルニチンを取得!
朝シャキッとしない方!疲れが残っている方!
お肌のハリ、髪ツヤに悩んでいる女性の方にもオススメです♪
【定価】4,980円 ⇒初回限定500円!
※初回90%オフ+10日間安心返金保証

レバリズム-L

レバリズム-L

肝臓の働きをしっかりサポートしてくれる肝宝の力
数値・飲み過ぎが気になっていた97%の方が大満足!
「肝臓」の解毒力・エネルギー代謝力と回復力をサポートする6つの成分配合!
しじみエキス(静岡県産)牡蠣エキス(岡山県産)スクワレン(千葉県産)
L-シスチンビタミンB2ビタミンE
【通常価格】5,980円(90袋/30日分)
初回限定:980円 初回5,000円引実施中!

オルニパワーZnプラス

オルニパワーZnプラス

業界トップクラスのオルニチン800㎎配合のオルニチンサプリ+亜鉛
疲労回復・二日酔いに悩んでいる方に人気がります!!!
●業界トップクラスのオルニチン800㎎配合!
●日々の活力に欠かせない亜鉛12mg配合!
●生命を守る赤い力アスタキサンチンも配合
【定価】4,500円 ⇒初回限定980円!
※初回78%オフ+30日間安心返金保証

濃縮牡蠣エキス「海乳EX」

海乳EX

【亜鉛が豊富】2粒で牡蠣約5個分の栄養素を配合した【海乳EX】
牡蠣は広島の清浄区域の江田島等で取れる牡蠣を100%使用!
1袋(I約1ヶ月分)に約155個分の栄養素を配合!
亜鉛以外にも14種類以上のミネラル+19種類以上のアミノ酸+6種類以上のビタミンを含有!
コストも定期購入なら1日約32円、通常購入でも1日約63円で毎日続けらる!
【定価】2,052円 ⇒今なら980円!
初めての方に限り初回半額実施中!

-亜鉛

Copyright© ハッピーロングライフ|幸せな生活&健康な生活に必要なこと , 2018 All Rights Reserved.