老眼は老眼予防対策サプリメントで改善できるの?検証と効果体験談

投稿日:

老眼は老眼予防対策サプリメントで改善できるの?検証と効果体験談

《目次》

老眼の症状にはめまいなどもあります

老眼予防していますか?
老眼は年齢を重ねていくと発症すると言うイメージがありますが、まだ若い内はどんな症状が起こるのかよく分からないかもしれません。
老眼は誰でもなる目の老化現象です。しかし食事に気を付けることで予防することができます。
食事に加えて老眼予防対策サプリメントもありますので効果・効能を検証して有効な老眼予防方法をまとめています。

 

老眼の症状とはどんなもの?

老眼の症状とはどんなもの?

遠くは良く見えるけれども近くの細かい文字などが見えにくくなってきたりします。
それ以外でも遠い場所を見ていたのから近くを見る、またはその反対の場合にピントを合わせるのに少し時間がかかるようになってくるのが殆どです。

CHECK!

40代から老眼は加速します!

多くは40代ぐらいから発症し、徐々に進行していくのでとても厄介です。
何となく近くが見えにくいかもしれないと思ったら早めに病院で診てもらうのもいいでしょう。
目の状態にもいろいろありますが、乱視の人もいますのでその場合には症状に気づきにくい場合もあります。

老眼による症状:めまいや肩こり

老眼によってめまいなども起こったりします。
老眼になると目の動きが光に追いつかず光に対する反応も鈍くなってしまって、まぶしいと感じたりすることもあります。肩こりなども症状の一つとして言われることがあります。

これらの症状は、なかなか老眼に結び付けることが難しいものです。
そのうち治るだろうと思って放っていたりすることもあります。ちょっとした変化を見逃さずに自分の目をいたわるようにしましょう。

老眼は誰でも起こります

年を重ねていくことで発症してしまうのは避けられないことです。
元々乱視や近視などが入っている人だとさらに自覚をするのが困難な場合もあります。
いつもと見え方が違うようになってきたら、ただ疲れているだけだろうと思わずに病院できちんと診察してもらって処置をしていきましょう。

老眼予防を意識したい年齢とは~30代から始めよう

老眼予防を意識したい年齢とは~30代から始めよう

老眼とは近いところが見えにくくなる症状で、目に起きる老化現象のひとつです。

一般的には40代後半くらいからあらわれることが多い症状だと言われています。
ただし最近では、30代やそれ以下の年齢層の人にも、この症状を訴える人が増えてきているようです。

若年層に多いスマホ老眼

そうした人たちに多いのがスマホ老眼と呼ばれる症状です。これはスマートフォンの使いすぎが主な原因で引き起こされる老化現象です。
視力の著しい低下や酷い眼精疲労、また夕方頃になると途端にこうした症状が出てくると言うのが特徴です。

若い内からこのような症状を抱えていると、年齢を重ねると余計に症状が進行することも考えられます。
ですから早い年齢の内から、老眼予防に努めることが求められます

スマホ老眼を予防すする方法

まずスマホ老眼についてですが、スマホやパソコン、テレビなどからは瞳の細胞にダメージを与えるブルーライトと呼ばれる光が発せられています。
ですからなるべく、それらの使用時間を減らすことが必要です。

01.専用のメガネ

最近では、このブルーライト対策専用の眼鏡も発売されていますから、それを利用するのもひとつの方法です。
長時間、使用し続ける必要がある場合は、こまめに休憩をとることも効果的です。
それから近くを見た後には遠くを見るように心がけるのも、老眼予防には必要な対策です。

02.身体と目のストレッチ

スマホなどを使用している時は、つい背を丸め、前のめりになりがちです。
ですから体のストレッチと共に、遠くを見つめるような瞳のストレッチを行うようにすると良いです。

30代、40代の人は勿論のこと、瞳の健康を意識している人であれば、年齢は関係なく、今すぐ老眼予防を開始することが必要です。

 

食生活の見直しと老眼予防及び対策

食生活の見直しと老眼予防及び対策

年齢を重ねるごとに眼は疲れやすくなります。

特にデスクワークや私生活でインターネットの利用、スマートフォンの利用者は増える一方です。それに伴い、眼の疲れを取ることがなかなか出来ず悩む人も増えています。

スマートフォンなどの利用だけではなく老眼予防として、食生活の見直しを考えることも有効です。
他の健康面における管理にも繋がりますが、バランスのいい食生活を送ることである程度の対策になっていきます。

眼の疲れを取るという点では、眼球体操も有効であるとされています。

違和感を感じ始めたら眼科へ

あまりにも症状が進んで近視から乱視になってくると、疲れを一時的に取ったとしても症状の進行は抑えられないでしょう。したがって、この場合には定期的な眼科医の診察と治療を受けることが望まれます。

また、外出時においても紫外線を避けることも考慮した方が良い場合もあり得ます。眼科医の診察時にでも、気になる人は尋ねてみるのも良いでしょう。

眼科医では定期的な受診と点眼等を指示される場合も多くなります。その指示に適切に従って対応をしていくことが望まれるものです。

老眼予防はなるべく早めに始める方が良く、専門医の指導のもとケアする事を心がけましょう。

老眼予防の食事は抗酸化物質に着目する

老眼予防の食事は抗酸化物質に着目する

老眼は40代ぐらいから起こることが多く、近くのものが見えにくくなります。

遠視と症状が似ていますが、遠視の場合は屈折異常が原因となっているので近くのものが見えにくいといことがあります。

一方老眼は遠くが見えている場合は近くのものが見えなくなり、近くが見えている場合は遠くが見えなくなるという状態になります。

老眼予防に良い抗酸化物質

老眼は誰でもなりますが、症状を遅らせるには老眼予防をすることが大事です。
老眼予防には老化を防ぐ必要があるので、抗酸化物質を摂取するなどの工夫が必要になってきます。

抗酸化物質にはルテインコエンザイムアントシアニンビタミン類DHAがあります。

ルテインとコエンザイム

ほうれん草などの緑黄色野菜にルテインが、青魚豚肉豆製品にはコエンザイムが含まれています。

アントシアニン

アントシアニンはブルーベリーに多く含まれています。
アントシアニンには老眼予防だけでなく、眼精疲労やドライアイ、視力回復など目の視神経に働きかける効果があるので目の病気には効果がある栄養素です。

ビタミン類

ビタミン類にも目に良い成分が含まれており、老化を遅らせる働きがあります。
特にアーモンドたらこアボカドに含まれているビタミンEには老化の原因である過酸化脂質の生成を防ぐ効果があります。
ビタミンCととるとより効果が倍増します。

このように、食事に気を付けて生活すると老化を防ぐことができます。
いろいろなものをバランスよく食べることによって、老眼予防につながっていきます。

 

もしかしたら老眼?原因とチェック方法や予防効果が高い方法とは?!

もしかしたら老眼?原因とチェック方法や予防効果が高い方法とは?!

スマホやパソコン、テレビなど、様々な電子機器を使って生活している現代人は、知らないうちに老眼になっていることも珍しくありません。
目を酷使する事が老眼の原因になりますが、チェック法や予防法はないのでしょうか?
ここでは、

  • 老眼のチェック法
  • 老眼の予防法
  • 老眼の改善方法

についてご紹介します。

これって老眼なの?!老眼の原因とチェック方法について

これって老眼なの?!老眼の原因とチェック方法について

スマホやパソコンの普及により、昔に比べると画面を何時間も注視する事が増えています。
このような電子機器からは、ブルーライトという目に見えない光が出ていて、この光も老眼の原因の一つです。

他にも、

  • ストレス
  • 食生活
  • 睡眠不足

など様々な要因が重なって老眼になります。
しかし老眼の症状は徐々に進むため、ある日突然視界がぼやけたり見えにくくなったりするわけではなく、ゆるやかな視力低下となるのです。

もしかしたら、老眼かもしれないと思われるなら、老眼チェックをしてください。
老眼チェック方法は次のようなものがありますので試してみましょう。

①紙に小さく「ポ」と「ボ」を書きます。
②この紙の文字がきちんとポとボに見えれば問題ありません
③30cm以内で文字が見えづらいなら老眼の可能性大

老眼は、このように近くの小さな文字へピントを合わせる事が難しくなります。
また、老眼でも近くは見えるけど遠くが見えづらくなるものもありますので、近くじゃないから老眼ではないというわけではありません。

年齢を重ねるとほとんどの人が老眼になりますし、スマホの使い過ぎによるスマホ老眼で若い世代でも老眼になることがあります。
まずは、老眼かどうかチェックして、老眼かもしれないと思ったら、早めの対策が必要です。

老眼かもしれない?老眼鏡をかけた方が良いのか?

老眼かもしれない?老眼鏡をかけた方が良いのか? 

高齢になって老眼の症状が出ると、安易に老眼鏡を使う人もいますが、それでよいのでしょうか?
老眼だからと言って老眼鏡をかけるのは、賛否両論があります。

老眼鏡をかけると楽に文字が見える為、老眼鏡の度が進みやすくなるという人もいますし、老眼なのに老眼鏡をかけないと目が疲れて眼精疲労になりやすくなるのです。

一人一人、老眼でも個人差があるのですぐに老眼を使った方が良いというわけでもありません。
老眼にはレーシックが良いという人もいますが、老眼鏡にしろレーシックにしろ簡単に決めない方が良い場合もあります。
まずは、老眼かもしれないと思ったら、眼科を受診して老眼鏡をかけた方が良いのかどうか相談してみるのも良いでしょう。

老眼は防げるのか?誰でもできる予防法・改善法とは?

老眼かもしない?!老眼にはなりたくない!とお考えの方は多いです。
加齢とともに、誰でも老眼になる可能性がありますが、なんとか予防や改善をしたいという人もいらっしゃいます。
次のような老眼予防法や改善法がありますので試してみてください。

01.老眼トレーニング

老眼は、ピント機能が低下して起こります。
老眼トレーニングとは、近くの指をじっと見たり、遠くの景色を眺めたりするなど簡単にできる目の運動です。このようにピント調整機能を鍛えると視力回復老眼改善になる事があります。

02.老眼サプリメント

簡単に老眼の改善や予防をしたいなら、老眼サプリメントがおすすめです。
目に良く、老眼予防に最適なアントシアニンルテインなどの栄養成分を手軽にサプリで摂取することができます。
老眼対策だけではなくドライアイ改善効果も期待できるのでおすすめです。老眼サプリを選ぶときは、口コミなども参考にしてください。

03.食事と生活習慣の改善

次のような食事や生活習慣なら老眼予防の為に改善しましょう。

  • 油ものやお肉ばかり食べる
  • 野菜をほとんど食べない
  • 夜遅くまで起きている
  • スマホやパソコンを長時間使う
  • 運動をせず血流が悪い
  • テレビ等もよく見る

このような食事や生活習慣だと血流も悪くなり老眼症状が進みます。
これらの食事や生活習慣で思い当たることを改善すれば、おのずと予防や症状回復となります。

 

老眼予防対策サプリの効果~ルテインサプリの作用など

老眼予防対策サプリの効果~ルテインサプリの作用など

老眼は、若い人の間にも急増している症状です。
最近ではスマートフォンなどを利用する人も増えてきていることが大きな理由となっています。

近いものが見えにくい、眼精疲労が酷い、夕方頃になるとものが見えづらくなると言う人は、特に注意が必要です。老眼予防対策サプリを使用すれば、ある程度の効果を期待することができます。

老眼予防対策サプリに期待できる効果

老眼予防対策サプリには、いつくかの種類があり、それぞれに期待できる作用が異なります。

01.ルテインサプリ

ルテインは非常に強い抗酸化力を持っており、そのことから瞳に対する光ダメージを緩和する作用があるとされています。
光ダメージは瞳の細胞を酸化させ、老化や疾病を引き起こす原因にもなります。

光ダメージとは紫外線や、スマホ、テレビなどから発せられているブルーライトも含まれています。特にデジタル機器を使用する人はおすすめのサプリメントです。

02.ブルーベリー・アントシアニンサプリ

これはアントシアニンサプリでも同様で、ブルーベリーの青紫色のもととなっているのがアントシアニンです。
アントシアニンもルテイン同様、強い抗酸化力があるため、瞳の細胞に対するダメージ緩和する作用を期待することができます。

またアントシアニンには、瞳で光を受容する細胞、ロドプシンを再生する作用があるとされています。ロドプシンが再生されると、光、つまり視覚情報を受取り、処理する能力も維持されます。
そのため光を見ることに対する負担軽減が期待できます。

CHECK!

ルテインサプリ・ブルーベリーサプリの併用もおすすめ

これらの老眼予防対策サプリは、一種で摂取するのも効果的です。ただ理想としてはブルーベリーサプリ、またはアントシアニンサプリのどちらかとルテインサプリをセットで摂取するようにすると、より高い効果が期待できます。

老眼予防対策サプリの効果的な飲み方とはどのような方法か

老眼予防対策サプリの効果的な飲み方とはどのような方法か

老眼は誰でもなる目の老化現象です。

遠くのものが見えていた場合は近くのものが見えなくなる、近くのものが見えていた場合は遠くのものが見えなくなるといった症状を指します。こうなってしまうと老眼専用のメガネをかけないとなりません。

老眼予防にはルテインアントシアニンビタミンAビタミンBなどビタミン類、コエンザイムアスタキサンチンといった成分が有効です。

しかしこれらの成分は食べ物から効果的に摂取したり毎日継続することが難しいため、サプリメントを利用するとより効果が現れます。
老眼予防対策サプリにはたくさんの種類があります。主にタブレットになっているので飲みやすいのが特徴です。

老眼予防対策サプリの効果的な飲み方

薬でないため飲み方に決まりはありませんが、効果的な飲み方としては食前に飲むことにより、より体内で吸収されやすくなります。
またサプリメントを飲むときにはコップ1杯程度の水と一緒に飲むと胃までスムーズに運ぶことができます。

アントシアニンがサプリメントに含まれている場合は、摂取してから4時間たつと効果が現れ始めます。
その後24時間たつと効果がなくなるという性質があります。
そのため服用の仕方としては一度に多くの量を飲むのではなく、毎日継続して、決まった時間に服用すると効果を持続させることができます

 

老眼サプリは本当に効果があるのか?口コミや評判まとめ

老眼サプリは本当に効果があるのか?口コミや評判まとめ

老眼サプリは、シルバー世代が増加傾向にある日本で、利用が増えているサプリメントですが、本当に効果があるのか心配という人も多いのではないでしょうか?
ここでは、

  • 老眼サプリの内容
  • 老眼サプリの口コミ
  • 老眼サプリを飲むことで期待できるその他の効果

についてもご紹介します。

老眼サプリの内容と実際の効果について

老眼サプリの内容と実際の効果について

老眼サプリは、目に良いと言われる成分が凝縮されているので、老眼等の症状に効果的です。
次のような成分が配合されていますのでご確認ください。

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • アスタキサンチン
  • ゼアキサンチン
  • ビタミン
  • EPA

この中でも特にアントシアニンルテインは、原材料がブルーベリーやビルベリーで老眼サプリに使用される事が多いです。

アントシアニンは網膜のロドプシンを再合成するのに必要な成分になります。老眼サプリで補う事により、加齢で弱った網膜を回復させます。

アントシアニンやルテインの配合量がmgで表示されていますので、老眼サプリを比較してみるのも良いでしょう。

老眼サプリだけではだめ!日頃から老眼対策をしよう

老眼サプリだけではだめ!日頃から老眼対策をしよう

老眼サプリの効果は、配合されている成分や量、症状により異なります。
ピントが若干合わないような軽い症状なら、老眼サプリをしばらく飲むことで改善される事もあります。

しかし極度の目の酷使なら、老眼サプリを飲むだけではなく、

注意ポイントスマホやパソコンの使用をしばらくやめる

注意ポイント食事や生活習慣を変える

といった努力をしなければなりません。

老眼サプリを飲めば、かなり老眼症状が改善される人もいますが、総合的な対策を行わないと難しいことが多いのです。

老眼サプリの口コミと評判はどうなの?!

では実際に老眼サプリを飲まれた方の口コミや評判をご紹介します。

娘から老眼サプリをもらいました・・・(50代:女性)

最近、老眼の症状が進んだと娘に話していたところ、老眼サプリをプレゼントしてくれました。
ここ数年で、手元の字が読みづらく感じ、書類を書くときもルーペが手放せなくなったと感じていたのです。
頂いた老眼サプリを毎日飲み続けたら、以前より視界がぼやけなくなりました。
まだ娘の子供も見ていないので、老眼予防のためにも続けようと考えています。
しかも目だけではなく肩こりや頭痛の症状も治まってきたと実感しています。
他にも視力がハッキリして余計な力がいらなくなったので、仕事終わりの眼精疲労感が全く違うのです。
ビルベリーサプリが良いとは聞いていたけど、思ったより効果を感じる事ができて、正直びっくりしました。


頭痛や肩こりも改善されました・・・(60代:男性)

老眼かもしれないと感じるようになってから、頭痛や肩こりもひどくなり困っていました。
友人から、老眼サプリを飲んだら眼精疲労が良くなったと聞き、早速、買い求めたのです。
飲み始めて1ヶ月は何も変化がありませんでしたが、細かい字が見えやすくなったと感じるようになりました。
その頃から頭痛も肩こりも徐々に改善され、眼精疲労が原因の頭痛だったのかもしれないと思っています。
老眼サプリは、健康方法の一つとして毎日飲むことにしました。


老眼サプリは老眼以外にも効果的

老眼サプリは老眼以外にも効果的

老眼サプリは、老眼の改善や予防に効果的なサプリメントですが、その他にも効果的なのでしょうか?老眼サプリに多く配合されている、

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ビタミン

のそれぞれの効果を検証してみましょう。

01.アントシアニンの効果

アントシアニンは、目の網膜にあるロドプシンの働きを助け、直接視力を回復させると言われています。
それだけではなく、抗酸化作用が強い為、血液循環を向上させ、コラーゲンの生成を促進させるため美肌効果もアップさせます。他にも病気の予防や抗炎症作用もあるのです。

02.ルテインの効果

同じく、老眼サプリに含まれることが多いルテインですが、こちらは、目の保護に深く関係しています。
角膜などの保護にも役立つ成分なので「サングラス」と言われる事もあるのです。
また、緑内障や白内障などの眼病予防にもルテインは効果的です。

03.ビタミンの効果

ビタミンは、血流改善効果や美肌効果がありますし、老眼サプリを飲んで老眼以外の症状が改善されたという人もたくさんいます。
年齢を重ねると、最初に目に症状が現れると言いますが、その一つが老眼です。
歳だからとあきらめるのではなく、老眼サプリを飲んで改善を目指しましょう。

 

簡単にできる!老眼予防に効果的な3つの体操方法を紹介します

簡単にできる!老眼予防に効果的な3つの体操方法を紹介します

ある程度年齢を重ねると目は弱っていきます。
老眼予防のためにトレーニングや体操を行なっていると、老眼の減少が起こる時期が遅くなったり、症状の進行を遅らせることはできるのです。

老眼は40代から60代のはじめ頃から症状を自覚する人が多いです。
ただ実際には20代前後には調整力は少しずつ減少して行きます。

そのためできるだけ早めから対策した方がおすすめなのです。体操やトレーニングと言っても体を動かすわけではありません。
実際には目を動かせばよいだけなのでいつでもどこでも簡単に行なうことができます。

老眼予防体操の方法

老眼予防体操の方法

目の水晶体には回りに毛様体筋という筋肉があります。
これが水晶体の厚みを調整することで視力を保っています。
これが緩んでくると目が見えづらくなります。

この筋肉を鍛える方法は、遠くと近くを交互に見るだけです。
視力の悪い方はメガネをかけたまま行なってもいいです。
遠くと近くに目標を決めて、数秒ずつ見つめるだけです。
これを毎日やっているだけでも老眼が進行するのを予防することができるのです。
疲れが出るため、事前に蒸しタオルで目の疲れを軽減させてから行なうと更に効果が出やすいです。

その他には、目をぎゅっと閉じてぱっと見開くという動作を3セット行なったり、
眼球だけを回す動作を3セット、これらの体操も行なうとおすすめです。

目を健康に保つには身体自体も健康でないといけません。
食生活を正して体によい栄養素を取り入れるようにしましょう。睡眠時間もきちんととりましょう。
紫外線が目に入ると活性酵素が発生して老化が進むのでサングラスや帽子で入る量を減らすようにすることも大切です。
老眼になって近くのものが見えにくくなったら我慢しないで早く自分の視力に合った老眼鏡を作ることも大切です。

老眼予防に効く目薬の選び方と守って欲しい2つの効果的な使い方

老眼予防に効く目薬の選び方と守って欲しい2つの効果的な使い方

人は年を取ってくると、いつの日か老眼に悩まされるようになるものです。
老眼という症状は、眼球の毛様体筋が衰えることによって発症する症状と言うことができます。
老眼を回復させたり予防したりするためには、この毛様体筋の老化を改善することが必要でしょう。

実は、正しい目薬を使えば、毛様体筋の衰えを改善することができると言われています。
では、老眼予防に効く目薬を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。
ここでは選び方の大事なポイントについて取り上げましょう。

老眼予防に効く目薬の選び方

老眼予防に効く目薬の選び方

老眼予防に効く目薬の選び方のポイントは、ビタミンB12が配合されている目薬を選ぶことです。

なぜなら、ビタミンB12には、毛様体筋の働きを強化したり改善したりする働きがあるからです。
この働きがあるおかげで、水晶体のピントが調節されることになり、物が見やすくなるという効果を期待することができます。

目薬の効果的な使用方法とは

老眼予防に効く目薬の効果的な使い方のポイントは、使用量を必ず守るということです。
大量に使えばそれだけ効果が高くなるというものではなく、過剰な使用によってかえって目が悪くなってしまうこともあります。

さらに、使用期限には十分の注意を払い、期限切れのものは絶対に使わないようにしましょう。大事な目に菌が入るといった事態を避けるためにも、使用期限を守るのは重要なことです。

このように、老眼予防のためには、効果的な目薬の選び方に留意するだけでは十分ではありません。
効果的な使い方にも慣れなければならないでしょう。正しい使い方をして初めて、効果的に老眼予防ができるでしょう。

 

老眼予防をアーモンドなどで対策、摂取量に気をつけよう

老眼予防をアーモンドなどで対策、摂取量に気をつけよう

老眼になってしまうと、本などを読むときには、メガネが必須になってきます。
裸眼の状態だと、細かい字などを読むのには、かなり厳しい状態になるため、日頃から老眼予防のためにさまざまな対策をしていくことも大切です。

目の疲れなども極力軽減することも大切なので、規則正しい生活、また夜はしっかりと睡眠を取り、夜更かしや不規則な生活をしないように心がけることも大切です。

また、目の疲れやすい生活を送るのは、目に対して負担がかかります。一度自身の生活で、目を酷使していないかどうかをチェックしてみることも必要です。

近年ではスマートフォンが普及しているため、画面を長時間見ていることも多く、そのため、目の疲れやすい生活を送っていることも考えられます。
また、仕事などで細かい作業、また、デスクワークなどをしていると、目の疲れやすい職場環境ともいえるでしょう。
できるだけ生活の中で、目に負担がかからないようにしていくことも老眼予防につながるでしょう。

アーモンドにも老眼予防の効果が

アーモンドにも老眼予防の効果が

また、食事などに対しても栄養バランスがとれた食生活を心がけることも大切です。
栄養が不足してしまうと、体にとっても悪影響になり、また、目にとっても栄養が不足してしまうことで、視力やピントなどさまざまな悪影響がでることもあります。

そのため、体に必要な栄養が不足しないように、バランスのよい食事を心がけていきましょう。また、老眼予防としてアーモンドを食べるのもいいでしょう。
ビタミンが豊富に含まれているため、目にとってもいい影響を与えてくれます。
ですが、カロリーなどもそれなりにあるため、食べすぎには注意してください。
摂取量を意識しながら定期的にアーモンドを食べて、老眼予防をしていきましょう。

効果とコストを考慮した老眼予防サプリおすすめランキング

※こちらは2018年11月の最新情報です。

めなり(さくらの森)

今までにない高品質&続けやすい理想のサプリが【めなり】です!
●【めなり】の高品質成分
「ビルベリー」 「ルティン」 「ゼアキサンチン」 ※全て業界トップクラス配合!
驚きの凄い新素材「クロセチン」 還元力の王様「アスタキサンチン」も高配合!
●【めなり】の圧倒的なコストパフォーマンス
1日たったの33円から始められます!

北の国から届いたブルーベリー(やわた)

累計700万袋突破!TVでも大人気の八幡物産の「北の国から届いたブルーベリー」
アントシアニン含有量3倍以上の野生種ビルベリーを使用!
1粒にビルベリーエキス200mg配合し1日に120mg~250mgがたった一粒で取れる!
他にもルテインカシスエキスコエンザイムQ10EPADHAも配合されています!
自信のある【全額返金保証付き】なので安心して試すことができます♪

えんきん(ファンケル)

えんきん(ファンケル)

目のサプリメントで日本初の《機能性表示食品》【えんきん(ファンケル)】
スマホ・パソコンで1日中がんばる目をサポート!!
●臨床試験1⇒ピント調節力が4週間で改善した!
●臨床試験2⇒目の酷使による肩・首筋が4週間で改善した!
●続けやすい価格 ⇒1日あたり72円!(通常商品時なので初回限定はもっとお得!)

-

Copyright© ハッピーロングライフ|幸せな生活&健康な生活に必要なこと , 2018 All Rights Reserved.