肝臓

肝臓サプリを徹底比較|本当に肝臓に効果のあるサプリメントは何

投稿日:

《目次》

アルコールによる肝機能低下や脂肪肝を改善する肝臓サプリの効果とは?

日本人はお酒が好きな人が多く毎日のようにお酒を飲む人も少なくありません。お酒を飲み過ぎると肝臓に負担がかかります。そして脂肪肝になるリスクが高くなります。

脂肪肝とは、肝臓に脂肪がたまりフォアグラのようになってしまう状態です。現在の日本では、4人1に人が発症していると考えられています。脂肪肝が悪化すると肝硬変や肝臓がんになるリスクもあります。

ですから健康のためには、アルコールを大量に摂取することは控えた方がいいのです。
低下した肝機能を改善する効果が期待できるのが、肝臓サプリです。

肝臓サプリは、人気が高いので様々なメーカーが肝臓サプリを販売しています。
肝臓サプリの成分として有名なのがオルニチンウコン亜鉛などです。

肝臓サプリを飲んで肝機能を改善しましょう!

肝臓サプリを飲んで肝機能を改善しましょう!

オルニチンは、しじみに多く含まれている成分です。オルニチンには、肝臓の回復を促進させる効果が期待できます。

オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓の働きをサポートしてくれます。食品から十分な量を摂取することは難しいので、サプリメントで摂取している人が多いです。

ウコンは肝細胞の炎症を防ぎ、肝機能の働きを助けます。亜鉛は肝臓の細胞を作り出し、肝臓の働きを改善します。

肝臓の新陳代謝を高めることで、肝臓を健康な状態に保ちます。
数多くの肝臓サプリが販売されていますが肝臓サプリを選ぶ時は品質をチェックすることが大事です。

 

牡蠣やしじみやウコンは肝臓に良い食物なので積極的に食べましょう

牡蠣やしじみやウコンは肝臓に良い食物なので積極的に食べましょう

サラリーマンだと嫌でも飲まなければならないことがあります。飲み会や接待で無理にお酒を飲み、肝臓に負担を掛けている人も多いでしょう。

若い頃は肝臓機能が活発なので、アルコールをスムーズに分解することが出来ます。しかし年とともに次第にうまくいかなくなります。

二日酔いでの体調不良や病気になることもあるので注意しましょう。アルコールに負けない体にしたいときは、普段から肝臓に良い食物を摂ることが大切です。

肝臓に良い食物で有名なものは牡蠣です。肝臓から分泌される胆汁酸の量を増やす作用があるので、中性脂肪やコレステロールが肝臓にたまる前に排出できます。

肝臓に良い食物とは?

肝臓に良い食物とは?

アルコールの分解や解毒をスムーズにしたいときは牡蠣を食べましょう。二日酔いの原因はアセトアルデヒドという成分です。

オルニチンを含んだしじみにはアセトアルデヒドの解毒作用があります。しじみにはアルコールの分解能力を回復させる効果もあります。

しじみの味噌汁などで口に入れるとよいでしょう。クルクミンを含むウコンも肝臓に良い食物だといわれています。

肝臓の解毒機能を高められるので、二日酔いを防げます。ごまには肝臓まで直接届くセサミンが含まれています。

セサミンは肝臓の働きを高めたり、アルコール代謝にかかわる酵素を活性化できます。
葉酸を含むレバーを食べると、細胞の生成を促せるので、肝細胞を再生したり、正常化する効果を期待できます。

お酒を飲む機会が多いけれど、二日酔いや病気になりたくない人は、肝臓に良い食物を積極的に摂取するようにしましょう。

オルニチンが内臓を守る効果を発揮する肝臓サプリ

オルニチンが内臓を守る効果を発揮する肝臓サプリ

人の内臓は、損傷を受けて痛みがあるものと、自覚症状がないものの二種類があります。肝臓は損傷を受けて悪化しても自覚症状が出にくいので、日頃から注意が必要です。

お酒を習慣的に飲む人は、知らず知らずに負担を掛けています。肝臓サプリで負担を軽減すると効果的です。

肝臓サプリは、臓器が消費しやすい栄養成分を含んでいます。摂取すると傷んだ部分の修復効果を発揮します。

特にオルニチンは、肝臓サプリに含まれる重要成分の一つです。これが弱った肝臓を助ける鍵になるといえます。

オルニチンとは、体内に存在するアミノ酸です。アルコールを摂取すると毒素が強まり、解毒の為に大量に消費されます。

オルニチンを含んだ肝臓サプリで長くお酒を楽しみましょう

オルニチンを含んだ肝臓サプリで長くお酒を楽しみましょう

仮にオルニチンが不足すると、体内では肝臓を守る存在がなくなります。その結果肝臓が直接ダメージを受ける結果に繋がるでしょう。

オルニチンを中心とした肝臓サプリは、成分の不足を体外から補うことができます。
臓器に悪影響を与える毒の分解を行い、症状が悪化して重大な状況に発展するダメージを軽減します。

肝臓サプリを飲んだからといって臓器のダメージがゼロになったり、どれだけアルコールを摂取しても良い訳ではありません。
しかし飲酒習慣が長く、なにもケアを行わなければ肝臓が弱まってお酒の楽しみが続けられなくなります。

良質な肝臓サプリは回復を助け悪化を防ぐ効果を発揮します。
今後もアルコールが飲めたり、控え目でもお酒が楽しめる健康実現の可能性が得られます。

 

肝臓サプリに含まれるタウリンの効果

肝臓サプリに含まれるタウリンの効果

忘年会や新年会など飲み会が続く時期は肝臓への負担が増えます。
二日酔いになることもあるので肝臓サプリを飲んで予防する人が多いようです。

ドラッグストアには様々な肝臓サプリがあります。どの肝臓サプリにも含まれている成分はタウリンです。

タウリンはアミノ酸の一種であり、体内でも生成されている成分です。アルコールを分解する酵素をサポートし、アルコールの解毒を速めてくれます。

肝細胞の再生力を高める効果もあるため、弱った肝臓の機能を正常に戻し、肝臓内の脂肪を取り除く作用もあります。
コレステロール値を下げたり、高血圧の改善にも良いとされています。

タウリンが含まれる肝臓サプリの飲み方とは?

タウリンが含まれる肝臓サプリの飲み方とは?

一日のタウリン摂取量は500ミリグラムが適量だと推奨されています。
肝臓サプリを選ぶときは配合量を確認し、500ミリグラム摂取できるものを選ぶのが賢明です。

タウリンには魚介類に由来する天然のものと、合成のものがあるので調べることも大切です。
肝臓サプリを飲むときは、基本的に食前に飲むほうがより効果が得られます。

しかし胃酸過多になって胃が荒れてしまう事もあります。体調を見ながら、飲むタイミングを決めるのが賢明と言えます。

摂取量を上回る量を飲むと、胃痛や下痢を引き起こす可能性もあります。摂取する量はきちんと守るようにしましょう。

用法さえ守れば肝臓機能を高める肝臓サプリは、体調管理のために飲む価値があるといえます。

二日酔いに悩む人の肝機能を守る肝臓サプリの摂取方法

二日酔いに悩む人の肝機能を守る肝臓サプリの摂取方法

肝臓サプリには二日酔いの軽減や、脂肪肝を防ぎ肝機能を守る働きがあります。摂取方法は簡単です。

通常は肝臓サプリのパッケージに記載される通りの量と摂取のタイミングを守るだけでます。
ただ、肝臓サプリを飲む目的によってタイミングは変わってきます。

二日酔いの解決の場合は、お酒を飲んだ後に作用を発揮しやすいです。アルコールを飲み始めてから肝臓サプリを摂取すると良いでしょう。

アルコールを飲み終えてからの摂取方法だと肝臓サプリの働きが間に合わなくなります。比較的早めの段階で飲むことがポイントです。

肝臓サプリの効果は二日酔いだけではなく脂肪肝や肝機能にも有効

肝臓サプリの効果は二日酔いだけではなく脂肪肝や肝機能にも有効

最適なタイミングの把握が難しい時はお酒を飲む前に摂取しておくのも一つの選択肢です。
最適な摂取方法に比べると作用の強さは劣るでしょう。

しかし全く対策を行わない状況に比べれば、二日酔いになる可能性が減らせます。
一方、脂肪肝肝機能に不安がある人は、お酒を飲むタイミングに限らず、食後に分割して摂取するのも良い方法です。

油の多い料理を食べたり甘い物やカロリーを多く摂取した後も、肝臓サプリで内臓保護を行うと、体内の健康状態を守る結果に繋がります。
大切なのは、毎日摂取を欠かさず行うこと、そして生活習慣を見直し継続的に労る二点にあります。

飲み過ぎや食べ過ぎは、飲食後のサプリ摂取でダメージこそ軽減しますが、傷んだ内臓の修復にはある程度の時間が掛かります。
ダメージを減らし回復効果を高めることが肝臓を守るコツなので、サプリの力を有効に活かすことが重要です。

 

肝臓サプリの選び方は効果や安全性と継続性価格にあり

肝臓サプリの選び方は効果や安全性と継続性価格にあり

肝臓サプリ効果が得られること、そして安全性が選び方のヒントになります。
安全性が認められた肝臓サプリでも、効果が得られなければ服用が無駄になります。

前向きな効果が得られ体調が悪化することがなければ、良質な肝臓サプリと認められます。
また長期的に続けられる可能性も得られます。

しかし、一方では価格もまた継続に影響してきます。
継続性価格が実現しているか否かも、選択する際のチェック事項になります。

肝臓サプリの選び方のポイントとは

肝臓サプリの選び方のポイントとは

肝臓サプリを選ぶ時は成分に目を向け、次に試してから継続する価値があるか検討します。
期待以上の作用が得られたとしても継続性価格がなければ続けるのは困難です。

継続性価格とは手が届きやすくて経済負担が低く、商品の購入を継続できる価格のことです。
選び方は人それぞれ様々ですが効果を重視して選び始める時も、最終的には価格と継続性が選択の焦点になります。

価格重視で選ぶ場合は当然年間平均額や月額負担が選択を左右する要素になります。商品の質と価格を天秤に掛けて、バランスが良い物を選ぶことが大切です。

約1㎏の臓器、肝臓の働きとは!体内での重要な3つの役割を紹介

約1㎏の臓器、肝臓の働きとは!体内での重要な3つの役割を紹介

肝臓は、成人男性なら1.0~1.3kgほどある大きな臓器です。

沈黙の臓器と言われるように黙々と文句を言わずに働いています。そして非常に生命力が強く、4分の3くらいを切除しても約4~5か月後には肝細胞が再生して元の大きさに戻ります。

そんな肝臓の働き・役割は実に多彩で、人体の化学工場と言われるくらい多くのことを行っています。

01. 食事をエネルギーに変える働き

まずはたんぱく質や糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの合成や分解です。コレステロールも肝臓で作られています。
それ以外にも色々なものを合成しています。尿の素(尿素)や胆汁を作っているのも肝臓です。

肝臓では様々な化学反応が行われていて、数百種類以上の物質が日々作り替えられています。
ブドウ糖をグリコーゲンに合成して蓄えたり、グリコーゲンをブドウ糖に分解しているのも肝臓です。

02. 有毒物を解毒する働き

アルコールなどの有毒物の解毒も行っています。
胃や腸から吸収されたアルコールは肝臓で無害な物質に分解されます。

2段階に分けて分解するのですが、第一段階はアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解します。
アセトアルデヒドは非常に毒性の強い物質ですので、さらに分解して無毒化する必要があります。

第二段階は、アセトアルデヒド脱水素酵素によってアセトアルデヒドを酢酸に分解します。
酢酸は筋肉や脂肪細胞で、水や二酸化炭素に分解されます。これで無毒化されて呼気や尿として、無事に体外に排泄されます。

03. その他の働き

それ以外にも、脾臓で破壊された赤血球によってできたビリルビンが運ばれてきますので、ビリルビンから胆汁酸を合成して胆管から腸へと排泄します。

肝臓の働き・役割のまとめ

まだまだ肝臓の働き・役割は沢山あります。体温を一定に保ったりと、多くの役割を黙々とこなしている健気な臓器です。
肝臓は非常に頑張り屋さんですので、肝機能が低下していても自覚症状がないことが大半です。
黄疸などの症状が出てきた時には、かなり進行しているケースが多いです。

  • 定期的に健康診断や人間ドックを受けてチェックすること
  • アルコールはほどほどにすること

肝臓を早期退職することなく、元気に働き続けさせるには以上のような心がけが大切といえるでしょう。

 

肝臓に負担をかける食べ物を紹介!肝臓に悪い食べ物は中性脂肪を増やします

01. 動物性脂質

動物性脂質

肝臓に負担をかける食べ物は脂肪分の多い、
・牛肉
・豚肉
・バター
などです。脂質は人間が健康に生きるために必要な栄養素ですが、過剰摂取すると中性脂肪として体に蓄積します。中性脂肪になりやすいのが動物性脂質なので、食事では植物性脂質と組み合わせながら摂取すれば肝臓への負担が減ります。

02. 砂糖

砂糖

砂糖は肝臓の機能が弱っている時は摂取しないのが良いでしょう。砂糖はお菓子や果物などたくさんの食べ物に使われています。

甘い物が好きな人はたくさん食べてしまいますが、砂糖の主成分のショ糖が中性脂肪を作ります。和菓子は生クリームを使わない分、洋菓子よりも健康的とみなされがちですが、実際は餡にたくさんの砂糖が使われておりカロリーも高いのです。

03. 果物

果物

果物では特に、
・ブドウ
・パイナップル
・バナナ
などに注意します。果物を乾燥させたドライフルーツは、栄養が凝縮されていますが100g当たりに含まれる糖質が格段に増えます。

04. 炭水化物

炭水化物

さらに精製された炭水化物は、中性脂肪になりやすいので肝臓への負担も大きいです。
精製された炭水化物とは
・白米
・麺類
・白パン
などです。炭水化物をたくさん摂取すると、血糖値が急上昇します。
基本的には、血糖値を安定させるためにインスリンが分泌されます。
しかし繰り返す炭水化物の過剰摂取によりインスリンの分泌量が減ると、消化されなかった炭水化物が中性脂肪に変わります。

米は日本人が昔から親しんでいる食べ物ですが、白米よりも玄米の方が栄養価が高いです。

パン

パンは手軽で朝食に選ぶ人も多い食べ物です。
パンの主な材料は精製された小麦で、種類によってはたくさんのバターや砂糖が入っています。

05. インスタント食品

インスタント食品

インスタント食品やジャンクフードも肝臓に負担をかける食べ物です。これらは栄養価が低く脂質や炭水化物を多く含みます。また添加物によっては中性脂肪を溜め込みやすくするものがあります。

添加物は人体には不要な物なので、体内で処理して排出しなければなりません。処理を行うのは肝臓なので、酷使することにつながります。

肝臓に負担をかける6つの習慣とはどんなものか|食事・煙草・ストレスなど

肝臓に負担をかける6つの習慣とはどんなものか|食事・煙草・ストレスなど

肝臓は”沈黙の臓器”と呼ばれるほど、負担がかかっているというサインをなかなか出さない臓器です。サインが出た時はすでに症状が進んでいます。症状が進まないよう、定期的にこの臓器の健康診断を受けたり、習慣を直したりすることが大切です。

また、肝臓は血液の4分の1が集中する所です。そして有毒物を無毒化する働きがある所になります。無毒化のためにかかる負担はとても大きいです。習慣を見直したりして、かかる負担を減らしましょう。

01. 偏った食事

偏った食事はとても大きな負担です。例えばエネルギーになるブドウ糖は必要な量を食事から摂る必要があります。
量が不足すると、肝臓に存在するグリコーゲンがブドウ糖に変わってエネルギーとして使われます。
このことは肝臓にすごく大きな負担をかけるのです。

02. 早食い

早食いなどもとても大きな負担になります。急速に栄養素が摂り込まれることで血糖値が急激に上昇します。
このために肝臓は急ピッチで働きます。そのことは大きな負担なのです。
食事はよくかんでゆっくりと食べてください。

03 .アルコール飲料

アルコール飲料の飲み過ぎも良くありません。アルコールの処理は肝臓に大きな負担がかかります。
アルコール飲料を飲まない休肝日を設けましょう。

04. 煙草

煙草については、喫煙によって有害物のアセトアルデヒドが作り出されることによって肝臓に負担がかかります。
禁煙できなくても、吸う本数を減らしましょう。

05. ストレス

そして、充分に眠って睡眠不足にならないようにしたり、ストレスを発散したりしましょう。
ダイエットをする際は必要量を食べましましょう。

06. 便秘

なお便秘症も肝臓と関係しています。便秘症は肝機能障害を引き起こします。
ですから、この症状も改善してください。便秘につながる習慣を直しましょう。
肝臓に負担をかける習慣を直すことがとても大事です。

 

この不調・・肝臓が悪い?肝臓の問題で生じる身体の異変とは!?

この不調・・肝臓が悪い?肝臓の問題で生じる身体の異変とは!?

肝臓が病気になっていても沈黙の臓器といわれる通り、わかりやすい症状が出ないといわれています。

しかし、その状態がある程度慢性的になってくると体全体的に不調があらわれ始めます。肝臓の問題だとはわからない症状が多いため、変化を感じたときには検査を受けてみるなどの対応が必要です。

01. 疲れが残る

肝臓は日頃、毒素の分解や排出を行っている臓器で、疲労物質である乳酸を代謝する働きも行っています。
しかし、脂肪肝など機能に影響する問題が起きてしまうと働きが滞ってしまい、全身に乳酸が残った状態になってしまいます。
この状態では、休んでも疲れが残る状態が続くようになります。

02. 目覚めが悪い

目覚めが悪いことも同様で、疲労物質が残る他、食べ物から体内に入った毒素を肝臓が除去することができなくなります。
そうすると、毒素が脳まで届いてしまい機能が低下します。
・睡眠が浅くなる
・覚醒レベルの低下
につながるなどして目覚めが悪くなる事があります。
肝臓がエネルギーを貯蔵する場所でもあるため、疲労してしまうとエネルギーの供給不足が起きて脳が鈍くなってしまうこともあります。

03. ストレスが溜まりやすい

肝臓の働きが低下するとイライラが多いのは、神経細胞と関わりがあるためです。
自律神経が乱れやすくなるため、ちょっとしたことでも過剰に捉えてストレスが溜まりやすい状態になってしまいます。

04. 足がつりやすい

足がつりやすいのもミネラルや水分の不足、筋肉のバランスが悪くなるためです。
肝臓は水分保持作用のあるアルブミンの生成を行っていますから肝臓が悪くなると水分不足が生じてしまいますし、
・血液から毒素を浄化できなくなっていること
・エネルギーの供給がうまくできていないこと
などが筋肉の質を衰えさせてしまい、起きやすくなります。

肝臓の問題で生じる身体の異変・・まとめ

肝臓はアルコールの影響や脂肪の蓄積、炎症などで機能が低下し、ひどくなると黄疸などの症状まで出るようになります。比較的症状が軽い疲れが残る状態や目覚めが悪い、ストレスが溜まりやすい、イライラが多い、足がつりやすいなどと行った症状のうちにクリニックに行って検査を受けるべきです。

肝臓の病気は複数あり肝機能障害に気付かないことも脂肪肝や肝炎・肝硬変・肝臓がん・肝不全に注意

肝臓の病気は規則正しい生活を行っていても患うおそれがあります。
自覚症状があらわれにくく、検査を受けて数値の異常からはじめて肝機能障害が起きていることに気づく人もいるほどです。

01. 肝脂肪

肝脂肪

脂肪肝は、本当に自覚症状があらわれにくい病気で、知らない間に中性脂肪が蓄積していきフォアグラ状態になっていきます。
食べ過ぎや飲み過ぎなどで過剰にカロリー摂取をしていると、消費されなかった脂肪酸やブドウ糖などが中性脂肪になってしまいます。
脂肪肝は太っている人だけでなく、無理なダイエットをした人にも多くみられます。
身体が栄養不足に危機を感じて、少ない量の食事からでも脂肪を蓄えようとしてしまうためです。また、妊娠によるものもあります。

02. 肝炎

肝炎はウイルス感染が原因になっているものがほとんどで、A型からB型・C型はよく聞きますが、他の種類のウイルスも大変多くあります。
感染患者の血液からうつる可能性があって、大量の輸血を受けたことがある人などは注意が必要です。
人がよく感染しやすい
・単純ヘルペスウイルス
・風疹ウイルス
・麻疹ウイルス
などを原因とする肝炎の発症例もあります。

03. 肝硬変

肝硬変は、肝機能障害が悪化してしまうと起きる可能性があります。
肝炎やアルコール性の肝障害などから肝細胞が死滅したり、減少し線維組織によって置換された結果、硬く変質していってしまうことが分かっています。
肝機能が著しく低下してしまうのでとても危険な状態です。

04. 肝臓がん

肝臓がんは初めから肝臓に発生するものと、他から転移して発生するものとがあって、どちらも初期の場合には気づかないことが多いです。
がんの進行速度は人によって違っていて、比較的肝臓がんはゆっくりとしていますが、早めの対応を取る必要があります。

05. 肝不全

肝不全は、
・急性肝不全
・慢性肝不全
の2つが有ります。
黄疸や腹水などわかりやすい症状が出ることもあれば、

ポイント!何となく体調がすぐれない日が続く

ポイント!疲労が抜けにくい

などといった症状しかあらわれない人もいるため、血液検査やエコー検査、あるいはCTなどの検査を受けるようにすべきです。

 

肝機能検査の数値が気になりだしたら、肝臓のためにオルニチン

肝機能検査の数値が気になりだしたら、肝臓のためにオルニチン

年齢とともに、気になる健康や体力の衰え。若い頃には、多少の無茶がきいても、だんだんと飲み過ぎた次の日がつらい年齢を迎えます。もしかして、肝臓が弱っていませんか?

肝臓は、私たちの身体にとって大変重要な3つの働きをしています。

  1. 糖やたんぱく質、脂肪を体内で使える形に変えて貯蔵し、日々の活動に必要なエネルギー源として供給する働き
  2. 薬やアルコール、老廃物などの人体に有害な物質を分解して無毒にする働き
  3. 脂肪の消化吸収を助ける胆汁を生成し、分泌する働き

これらのことから、肝臓が弱ってくると健康に大きな影響があることがわかります。

肝機能検査の数値を見てみよう!

健康診断の肝機能検査で
・ALT(GPT)
・AST(GOT)
・γ-GTP
の数値が異常値になった場合は、肝臓が弱ったり機能が衰えたりしていることが考えられます。

肝機能検査の数値が悪い原因

その主な原因としては、

  • 飲酒
  • 肥満
  • ウィルスの感染

などがあげられます。
特に、連日の飲酒は肝臓に大きなダメージを与えます。

肝細胞は、アルコールや有害物質を分解するたびに、ダメージを受けます。
本来は、アルコールや有害物質によってダメージを受けても新しい肝細胞がつくられ、修復されていくものです。

しかし毎日の飲酒や食生活が乱れている人は、
・新しい細胞がつくられづらい
・死んでいく細胞の方が多くなっていまう
といった理由で、肝機能が衰えてしまうのです。
また、年齢や食生活の乱れによって肝機能がうまくはたらかなることもあります。

肝臓にはオルニチンが効果的!

肝臓にはオルニチンが効果的!

しじみなどに含まれるオルニチンには、肝臓を保護したり、補修する効果があります。オルニチンを取ることによって、弱った肝臓を元気にする手助けができるのです。

オルニチンには、アルコールを分解する効果はありません。しかし人体に有害な物質やアルコールから肝臓を守ってくれる効果があることがわかっています。

肝機能検査の数値が気になりだしたら、身体がSOSを発しているものと考えてください。

  • お酒をおいしく飲みたい
  • 二日酔いをしないような強い身体をつくりたい
  • 元気で健康な毎日を送りたい

そのような人には、オルニチンが効果的です。

肝臓サプリの効果とコストで考えた総合ランキング

※こちらは2018年10月の最新情報です。

レバリズム-L

レバリズム-L

肝臓の働きをしっかりサポートしてくれる肝宝の力
数値・飲み過ぎが気になっていた97%の方が大満足!
「肝臓」の解毒力・エネルギー代謝力と回復力をサポートする6つの成分配合!
しじみエキス(静岡県産)牡蠣エキス(岡山県産)スクワレン(千葉県産)
L-シスチンビタミンB2ビタミンE
【通常価格】5,980円(90袋/30日分)
初回限定:980円 初回5,000円引実施中!

しじみエキス粒Wのオルニチン

しじみエキス粒Wのオルニチン

国産100%やまとしじみ使用の素材が違うしじみエキス(粒)
【天然】【発酵】Wオルニチン配合!
歴史が違う!しじみ一筋130年「日本最古のサプリ」
手間が違う!専属の職人が30時間以上に煮詰めて製造!
産地が違う!他社では台湾産、木曽川産のみ使用!
濃さが違う!しじみエキス1日分850mg(他社の100倍
【通常価格】4,900円(17g×3袋/30日分)
初回限定:2,450円 初回半額実施中!

オルニパワーZnプラス

オルニパワーZnプラス

業界トップクラスのオルニチン800㎎配合のオルニチンサプリ+亜鉛
疲労回復・二日酔いに悩んでいる方に人気がります!!!
●業界トップクラスのオルニチン800㎎配合!
●日々の活力に欠かせない亜鉛12mg配合!
●生命を守る赤い力アスタキサンチンも配合
【定価】4,500円 ⇒初回限定980円!
※初回78%オフ+30日間安心返金保証

毎日の亜鉛補給「海宝の力」

海宝の力

元気な男性!美しい女性!自分づくりの亜鉛サプリ「海宝の力」
広島県瀬戸内海産牡蠣を190個分を使用!
「海宝の力」だったらたった3粒17mgの亜鉛を取得できます!
島根県宍道湖産の大和シジミも配合!
「海宝の力」だったらたった3粒しじみ200個分オルニチンを取得!
朝シャキッとしない方!疲れが残っている方!
お肌のハリ、髪ツヤに悩んでいる女性の方にもオススメです♪
【定価】4,980円 ⇒初回限定500円!
※初回90%オフ+10日間安心返金保証

肝パワーEプラス

肝パワーEプラス

肝臓、血圧が高い方にお勧めの「肝パワーEプラス」
750万袋突破のメガヒット感謝企画実施中!
【肝心要(かんじんかなめ)】の厳選三大素材
●広島県産の大粒の牡蠣(豊富な亜鉛で元気に!)
●長野県産のジャンボにんにく(栄養素の宝庫)
●和歌山県紀州産の南高梅(クエン酸でエネルギー源)
【標準価格】1,500円(5袋)【特別5日分セット】1
特別価格:980円 毎月100名様限定!

-肝臓

Copyright© ハッピーロングライフ|幸せな生活&健康な生活に必要なこと , 2018 All Rights Reserved.