関節

腰痛改善するための方法!あなたにあった腰痛改善方法を提案!

投稿日:

腰痛改善するための方法!あなたにあった腰痛改善方法を提案!

腰痛改善したいと考えている人のためのおすすめの解消方法について

現代人にとって、多くの人が悩んでいる痛みや症状として腰痛を挙げることができます。
腰痛改善がなかなかできず、どうにかして腰痛改善をしたいと考えている人は世の中には多くいることでしょう。
そんな人のためにおすすめの腰痛改善方法について解説をします。

 

腰痛の原因と種類とは

腰痛の原因と種類とは

腰痛の原因

長く腰痛に苦しんでいる場合は、その原因は腰そのものではなく、腰周辺の筋肉が関係している可能性が考えられます。
腰周辺の筋肉を適切にストレッチすることによって、腰痛改善につながる可能性は大いに考えられるのです。
痛みから脱出したいと考えているなら、一度お試し下さい。

腰痛の種類

前に屈んだときに痛い

CHECK!

前に屈んだときに痛い

前屈をした時に腰痛を感じる人の場合は、太ももの裏やお尻が硬くなっていることが原因として考えられます。
簡単にでき、有効なストレッチ方法としては、椅子に座った際に太ももの裏に軟式の野球ボールを椅子との間に挟むことで改善が期待できます。
お尻をほぐす場合は、仰向けになって膝を立てお尻の下に軟式球を置き脚を伸ばすストレッチが有効的です。

後ろにそったときに痛い

CHECK!

後ろにそったときに痛い

身体を反り返した時に腰痛を感じる場合は、腹筋に問題があるケースが考えられます。
この場合のストレッチ方法も軟式の野球ボールを使って行います。やり方は簡単で、うつ伏せになってお腹と床との間に軟式球を挟むだけでOKです。

肩こりを防いで腰痛改善も促進するために行うべきことについて

不規則な生活をしている場合は、運動不足になりやすくなります。
デスクで長時間にわたって座る仕事をしている場合は、肩こり腰痛に悩まされることも多くなります。
同じ姿勢で仕事を続けなければならないときには、腰痛改善のためのストレッチや体操を行う必要があります。

ストレッチによる改善

ストレッチによる改善

休憩時間を利用して、ストレッチや体操をして筋肉の緊張をほぐしてあげれば、腰痛改善の効果が期待できます。
座るときには、常に正しい姿勢を保つことが大切です。猫背の状態で座り続けてしまえば、腰や肩に余計な負担がかかることになります。
一度でも猫背の姿勢を取るクセがついてしまえば、元に戻すのが大変になります。
腰痛改善のためにも、いつでも意識的に姿勢をまっすぐに保つことが大切です。

筋肉の疲れ

筋肉の疲れ

筋肉に疲れがたまることも、腰痛の原因になります。
疲れやすい時期には、タンパク質を構成するアミノ酸を食事からしっかりと摂取して、健康的な筋肉を作るようにします。
乳酸がたまることもよくありませんから、クエン酸などの有機酸を黒酢などから摂取して、疲れを解消するようにします。
入浴をすれば、血液の循環がよくなるため、腰痛改善の効果も期待できます。入浴後にもストレッチをすれば、肩こりや腰痛の予防のために役立ちます。

 

テニスボールを使用した腰痛改善の方法は自宅でもできます

今現在、腰痛に悩んでいる人は数多くいます。
現代病とも、言われる腰痛は人間が二本足で歩いたときから始まっているとされてます。
体を、支える肝心の部分に当たりとても重要な役割をしています。
整体などでも、腰痛改善はできますが一時的に効果がでますがまた、再発することが多くあります。
自宅で、腰痛改善することが予防効果にもなっていきます。

テニスボールで腰痛改善

テニスボールで腰痛改善

テニスボールで腰痛改善ができると話題の方法はとても簡単で費用もかかりません
用意するのは、テニスボールが2個自宅にあるガムテープだけです。ボールをガムテープでグルグル巻いて固定します。
準備は、これだけの手軽さです。

お尻の一番、尾てい骨からこぶし一個分上にグルグル巻きボール2個が当たる様に体にセットします。
そのまま、仰向けになって、30秒くらいキープした姿勢を取るだけで腰痛改善の効果があります。
痛みを、強く感じるときはキープする時間を短縮しても大丈夫です。

これに、使用するテニスボールは値段が安いものでも効果には関係がありません。
家の中にない場合は、市販でも一個あたり100円前後でも探せば売っています。これなら、費用も安価で手間もほとんどなくすぐに誰でも始めることができます

日常生活でわずらった腰痛を改善するために抱き枕で腰痛改善法

日常生活でわずらった腰痛を改善するために抱き枕で腰痛改善法

現在において日常生活に支障をきたす腰痛を患う人が増えていますが、その原因としてあげられるのが無理な体勢を続けることです。
その中で最も多いのが就寝中における姿勢の悪さです。
この腰痛は本来支えるべき頭からかかる体重を上半身すべてで支えることが理想なのですが、
この腰痛になりやすいのは姿勢が悪くなることで腰の関節のクッションが役目を果たさなくなり関節部分にある神経を圧迫して痛みを発するのです。

この就寝中の場合においては顔を上に向ける仰向けに寝る人が大半ですが、その場合において全身の血流が腰部分である下側に滞ってしまうのです。
現在の主流である羽毛布団は柔らかいために腰が床に沈んでしまうため顔を上に向けている体重が腰にかかるために腰痛となってしまうのです。

抱き枕による改善方法

抱き枕による改善方法

この就寝による腰痛改善するには腰にかかる体重を減らすことが方法としてあり、そのために確立された腰痛改善の方法としてあるのが抱き枕を使った腰痛改善法です。

その方法は主に2つで、まず仰向けに寝ることにこだわりがない場合に体を横に向けて抱き枕を抱く方法で姿勢を維持する方法です。
そして顔を上に向ける仰向けに寝る場合においては、この抱き枕をひざを曲げて出来た空間に敷きます

その状態を1カ月続けると仰向けに寝る際の腰にできる空間が亡くなることで姿勢が正され、それによって腰痛改善に効果があります。

 

腰痛改善におすすめなストレッチポールを使ったエクササイズ

ストレッチポールとは円柱状の固いクッション状になったポールのことで、
元々はスポーツ選手の身体の柔軟性を高めるためのストレッチ器材やクールダウン時に使用する器材として利用されてきました。
徐々に一般へも浸透してきて目にしたことのある人も多いでしょう。
このストレッチポールを使って体全身の筋肉を緩めてあげることで、腰痛改善効果も期待できます。

姿勢を整えると腰痛が改善

姿勢を整えると腰痛が改善

腰痛の原因は人それぞれ異なりますが、多くは姿勢の悪さからくるからだのゆがみや、筋力が低下することにより腰に負担がかかることで起こります。

そのため毎日少しの時間でもストレッチポールに乗ってこわばった筋肉をほぐして血行を促進し、姿勢を整えることで腰痛改善効果が期待できるのです。
1mほどの長さで女性でも楽々持ち運びが出来るような軽量さなので、好きな時に好きな部屋でエクササイズを行う事が出来て腰痛改善効果を実感できるでしょう。
身長が155cm以下と小柄な人にはハーフサイズやMXタイプなどの小さめサイズでのエクササイズが効果的です。

最初はただ上に寝転ぶだけでも充分な効果を得られますが、より腰痛改善効果を求めるならば
様々なポーズを行いながら全身の筋肉を鍛えると良いでしょう。

大切な腰を痛めた時にあると便利な腰痛改善ベルトがおすすめです

突然、何の前ぶれもなく腰に痛みが走りそのまま腰痛が続くことが多くあります。
また、長年腰痛に悩む人はとても多く、人生の中で腰の痛みを知らないのは子供達だけです。

それくらい、腰は重要な部分であると同時に痛みがでやすいところです。

最近は、色々な腰痛改善のグッズが販売されています。しかし、一番効果があるのは姿勢を正しくすることです。
人間は、誰でも自分にとって楽な姿勢をしてしまいます。そうした長年の行為が、腰に負担を与える結果になります。

腰痛改善ベルトを利用する

腰痛改善ベルトを利用する

その腰痛改善に、医療用のベルトがあります。これは、どこの医療機関でも扱いをしているものです。

ただ、腰痛改善のためには生活のなかで常に着用していることが必要です。
そのために、あまり体を強く締め付けるものは逆効果になります。それを、我慢すると違う部分の筋肉を痛めることになります。

この医療用ベルトは、姿勢を正すことで猫背を改善します。
その効果で、腰痛だけでなく肩こりや胸の筋肉が広がるためにバストアップにも繋がります

ただ、注意したいのが自分の体に合うものを必ず使うことです。
腰を、ベルトを使用することでサポートしていきます。姿勢をよくしながら、腰をサポートすることで改善をしていきます。

 

腰痛を和らげる方法。寝方を工夫すること。

腰痛を和らげる方法。寝方を工夫すること。

腰痛の原因は様々ですが、関節自体を傷めているケースよりも腰周辺の筋肉疲労を起こしているケースの方が多いのです。

  • 日常生活で腰への負担
  • 姿勢の悪さ
  • 座りっぱなしの生活で腰周辺の筋肉が凝り固まっている
  • 腹筋が弱いために腰の筋肉に負担がかかっている

などの理由で腰痛は起こります。腰痛を和らげるために動かない生活を続けていると、ますます腰痛が起こりやすい状態になってしまいます。

ポイント

正しい姿勢で日常生活を送ること

ポイント

腹筋を鍛える

ポイント

筋肉の凝りや疲労を取るために軽いストレッチなどを取り入れる

といったことが大切です。

寝るときも腰周りに力が入らない寝方の工夫が必要

朝の起床時に腰痛が酷くなっていることがあります。身体を休めたはずなのに痛みが起こるのは不思議な現象に思われがちです。
しかし、寝ている間にもずっと腰がこわばってるために痛みが起こるのです。

身体全体の力が抜けてリラックスして就寝できるように寝方が必要です。
特に腰痛が起こりやすい人は腰周辺の力が抜けるように寝方に工夫が必要なのです。

腰痛にならない寝方・方法

方法は、膝の裏にバスタオルやクッション、座布団などを引いて就寝することです。
こうすることで、膝が曲がる状態になります。すると腰の反りが和らぎ、布団に密着します。

立ち姿勢でお腹を前に突き出すような反り腰だと腰にかなりの負担がかかります。
これは腰周辺の筋肉が緊張して凝りが発生して痛みも発生します。

反り腰の癖がある人は寝ころんだ時も地面から腰が大きく浮いた状態になっています。
宙に浮いた腰は力が抜けず寝ている間ずっと力が入っていて、起きた時に痛みが出ます。

人の身体は宙に浮いた状態であると力を抜くことが出来ません。
どこかにもたれていると力が抜けてリラックスできるのです。
リラックスすると深い眠りにつくことができ、身体の痛みも早く改善します。

腰痛改善に高反発マットレスを選ぶメリットとデメリット

腰痛改善に高反発マットレスを選ぶメリットとデメリット

高反発マットレスというのは文字通りに反発力が高いマットレスのことです。
寝返りをするときに少ない力で寝返りをすることが出来るマットレスということになります。

ですから、腰に大きな力をかけることなく寝返りが自然に出来て、これが快適な睡眠につながります。

高反発マットレスのメリット

腰痛改善に高反発マットレスを選ぶメリットとしては寝返りがうちやすくなることです。
これが、快適に眠ることが出来ることにつながります。
また、腰への負担というものが軽減されることで腰痛の改善であったり、予防にもなるということがあります。

今では寝返りというものが睡眠には欠かせないものと分かっています。
寝返りによって体の前身の筋肉の緊張がほぐれていきます。
それとともに睡眠時に動かなくなることによって局所に集中的にかかっていた力を無くすという効果があることが分かっています。

また、高反発マットレスでは腰痛になりにくい自然な姿勢がとりやすいいということもメリットです。
睡眠時に楽な自然な体制でいられることで腰や肩などに不要な力がかからなくなるということがいえます。

高反発マットレスのデメリット

ただ、反対にデメリットとしては、一般的に高反発マットレスは値段が高いということがあります。
中には他のマットレスと同様に安価な価格で売られているケースもあります。
しかし、このようなケースでは高反発の機能を十分に果たしていないものも多くあります。
こうした類似品が多いということもデメリットといえるかもしれません。

腰痛対策のための高反発マットレスの選び方

ですから、自分に合った高反発マットレスを選ぶにはしっかりと品質を見定めて選定することが大切です。
そのためには、実際に自分で体験してみるというのもいいでしょう。特に腰痛の人は横向きになって寝ることも多いでしょう。

睡眠時に楽な姿勢がとれるのか、こうした姿勢が楽にとれるようになっているかチェックします。
さらに寝返りがうちやすいかどうかや通気性はどうかということも調べて、満足できるものを選ぶようにします。

 

腰痛用のベルトの種類や効果について

腰痛用のベルトの種類や効果について

腰痛ベルトの種類と効果

腰痛のベルトはゴム素材のものや一部がゴム素材になっていて伸縮性のあるバンドなど色々あります。
また腰痛そのものを治療するのではなく、腰痛のときに身体を支える筋肉や背筋の働きをサポートして痛みの出る姿勢をとらないようにするものです。
市販されているベルトを買うときには痛む部位や痛みの程度によって変わってきますが、普段の生活を問題なく過ごせるように

  • 腹圧を逃がさないで固定できるもの
  • 動作を妨げないもの
  • 通気性があってずれないもの

がよいです。
2段式のものだとずれにくく、骨盤から股関節にかけてサポートをするので1段よりもおすすめです。

コルセットの種類と効果

コルセットの効果は腰全体を安定させてお腹にある程度の圧迫力を与えます。腹腔圧が上がって体の中から身体を支えて、腰椎にかかる負担を軽減します。

背中側を固定するので後ろに反りすぎるのを抑えるので腰全体にかかる負担も少なくなります。
骨盤にも圧力がかかるため仙腸関節を引き締めて仙骨がぐらつくのを抑えて、腰全体を包み込むので保湿効果もあります。
コルセットには以下の2種類があります。

  1. 一般的な軟性タイプのコルセット
  2. 整形外科で型をとって、使う人専用のオーダーメイドで作る硬性タイプ
軟性コルセットの特徴

一般的に使われているのが軟性コルセットです。
素材に弾力性があって日常生活を送るときに支障がなく、ぎっくり腰椎間板ヘルニア強い痛みの腰痛に使います。

硬性コルセットの特徴

硬性コルセットは外科治療のコルセットで、日常生活の動きはかなり制限されます。
プラスチックやセルロイド、金属などの素材で作られていて、圧迫骨折手術のあとの腰椎固定に使用します。

医療用の硬性コルセットは整形外科で合ったサイズを選んでくれますが、価格が数万円もして高額です。
ただ健康保険が適用されるので数割は戻ってきます。

腰痛対策・改善におすすめしたいサプリメントBEST3

※こちらは2018年11月の最新情報です。

【北国の恵み】極生プロテオグリカン配合

【北国の恵み】極生プロテオグリカン配合

軟骨の主成分「プロテオグリカン」をそのままサプリメント化!
「プロテオグリカン」 軟膏内のクッションの役割を担う!
「ヒアルロン酸」 滑らかな動きを助ける!
「2型コラーゲン」 これらの成分を繋ぎ止める土台!
日本初☆極生軟骨成分配合サプリが「北国の恵み」です!
毎月先着2000名限定:480円!
480円モニター価格実施中!

マイケア【イタドリ】ふしぶしサプリ

マイケア【イタドリ」】

北国の天然野草「大痛取(オオイタドリ)」が配合されたふしぶしサプリ「イタドリ」
【軟骨補充】の「グルコサミン」、「コンドロイチン」に加え
天然野草「オオイタドリ(北海道産)」も配合され膝のサポートにプラス!
オオイタドリにはレスベラトロールなどのポリフェノールが豊富!
他にも全6種のこだわりの素材が配合された「イタドリ」
安心の返金保証付き!
今なら初回限定特別特典で全額返金保証付き(30日間)
【通常価格】2,400円(90粒/約1ヶ月分)
初回購入限定:2,160円! 全額返金保証付き!

【皇潤極】エバーライフ

《機能性表示食品》ひざ関節の柔軟性・可動性でお悩みの方へ【皇潤極】
ロングセラーの【皇潤ヒアルロン酸】コラーゲンUC-Ⅱ®もプラスされパワーアップ!
1.非変性Ⅱ型コラーゲンを120日間継続飲用でひざ関節の柔軟性・可動性をサポート!
2.特許成分「UC-Ⅱ®」を配合!
3.好評の「皇潤ヒアルロン酸」も配合!
【通常価格】9,000円(1箱100粒)
初回購入限定:3,900円! 半額以下!

-関節

Copyright© ハッピーロングライフ|幸せな生活&健康な生活に必要なこと , 2018 All Rights Reserved.